新成トラストの資産運用

新成トラスト流、初めての不動産投資はワンルームマンションで決まり

14 views

新成トラスト

ワンルームマンション投資はローリスク・ミドルリターンという点から、初心者におすすめの不動産投資法。ではなぜ、少ないリスクで安定的に不労所得が得られるのか。その理由について、新成トラストが「投資用ワンルームマンションの初期費用と収入」の観点からご説明します。

投資用ワンルームマンションの初期費用

不動産投資にはさまざまな種類があります。なかでも、ワンルームマンション投資はマンションの1部屋を購入して賃貸経営を行うことです。他には、1棟そのまま購入するアパート・マンション経営や、戸建て住宅を賃貸経営するパターンも。駐車場経営や無形商材のREITも不動産投資の一種です。さまざまな商材があるなか、投資用ワンルームマンションは初期費用が低いため、初めての投資におすすめ。人口の多さや利便性の高さから賃貸ニーズが見込める都会でも、リーズナブルな価格で物件を購入可能です。だからこそ、ワンルームマンション投資はローリスク・ミドルリターンの投資法といわれています。

ワンルームマンション経営のメリット

賃貸ニーズが見込める

入居者が決まりやすい都会の投資用ワンルームマンションは、利便性の高いエリアや駅チカの物件は入居率で高く、安定した家賃収入を得ることができます。さらに、現在は「持ち家志向の低下」や「単身赴任の増加」といった理由で、ワンルームマンションの賃貸ニーズは増加傾向に。

家賃収入と売却益を同時に狙える

投資用不動産で収入を得る方法は2つあります。ひとつは賃貸による家賃収入のように定期的にお金が入ってくるインカムゲイン。もうひとつは物件の購入金額と売却金額の差分によるキャピタルゲインです。投資用ワンルームマンションは他よりも物件価格が低いため、売り手を見つけやすい点も魅力として挙げられます。

入居率99.7%のスワンズマンションがおすすめ

ワンルームマンションの物件選びの基準は、利回りよりも入居率が大切。いくら利回りが良くても、入居者がいなければ収入はゼロのまま。そんななか、新成トラストの高級ブランドマンションシリーズ『スワンズマンション』は入居率99.7%。「好立地」「徹底した入居者目線」にこだわったマンション開発で、今では全国にオーナーがいるほど人気の物件となりました。

初めての不動産投資は新成トラストにご相談を

初心者はもちろん、複数物件を所有したい方にとっても、投資用ワンルームマンションは有益な不動産です。不動産投資やワンルームマンション投資のメリットについてもっと知りたいという方は、いつでもご相談にいらしてください。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.