新成トラストの資産運用

入居率アップの方法を新成トラストが解説。 ポイントは3つの施策とマンション選び

55 views

マンション経営において、入居者を集うための3つの方法と入居率の高いマンションの特徴を新成トラストがご紹介します。

突然ですが、空室が続いた場合に、どうすれば入居者が決定すると思いますか。多くの方は「家賃を下げる」と答えるはず。しかし、収益源である家賃を下げるのは極力避けるべき。そこで今回は、家賃を下げる以外に、入居率を上げるための3つの方法、さらには、入居率の高いマンションの特徴をご紹介します。

部屋が埋まらない時に試すべき
一般的な3つの空室対策

マンション経営のコツ①:敷金や礼金を下げて、初期費用を減らす

どのマンションにも近くに競合が存在します。同様の家賃が並ぶなか、選んでもらうには敷金や礼金など初期費用を減額してみましょう。入居へのハードルが下がり、入居者が決まる可能性がぐんと上がります。一度入居すれば、平均して2年半~3年は住み続ける人が多いといわれています。もちろん、入居後すぐに解約される恐れもあるのでご注意を。

マンション経営のコツ②:フリーレント期間を設けて、入居の決め手を与える

もし、入居希望者が、自身の所有する部屋と他の部屋で迷っている場合には、フリーレント期間が有効です。家賃無料の期間を作れば住み心地を試せるため、大きな決め手となるでしょう。ただ、気に入ってもらえず契約に至らない可能性もあります。

マンション経営のコツ③:必要なものを揃えて、家具付き物件へグレードアップ

「自分で家具を揃えるのが面倒くさい」「センスの良い部屋に住みたい」などの要望を持つ入居者に向けて、家具や雑貨を揃える方法もあります。かかった費用は、敷金や礼金、家賃に上乗せして後から回収が可能。しかし、ご自身の初期費用がかかるというリスクもあります。

空室に困らないスワンズマンション。
高い入居率はエリアとターゲットが肝

3つの空室対策をご紹介しましたが、「得られる収益が減る可能性がある」「初期費用がかかる」などのリスクもあります。そもそも、購入の段階で入居者がすぐに決まるマンションを選んでいれば、対策は要りません。入居率が高いマンションは「人口の多い主要都市にある」「駅から好アクセス」「単身者が集まるエリア」という特徴を持っています。新成トラストが販売するスワンズマンションはそれらの特徴を満たすように設計。関西圏に強みを持つ当社の高い集客力も活かして、入居率97%を実現しています。迷った際には、ぜひスワンズマンションを検討してみてください。

収益の確保は入居者の確保から。
ご相談は新成トラストまで

オーナーの収益を考えるときには、「利回り」の数値が注目されます。しかし、利回りは入居者が居ると仮定したときの数値です。そのため、実際に収益を考えるときに大切なのは「入居者を確保できるかどうか」。マンション経営の成功への近道は、入居者の確保からといっても過言ではありません。マンション選び、入居者を確保する方法など、マンション経営に関してお困りの方は、新成トラストまでお気軽にご相談ください。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.