新成トラストの資産運用

新成トラストが考える、マンション投資のメリット。 アパート投資との違いは?

34 views

新成トラストが考える、マンション投資のメリット。 アパート投資との違いは?

投資を検討している方の中には、不動産投資のほかに流行りの仮想通貨、株式やFXなどの金融商品と比較して悩んでいる方も多いでしょう。そこで今回は、不動産投資そのものの魅力を踏まえて、「マンション投資」と「アパート投資」のメリットを解説します。

不動産投資のメリットは大きく3点。
毎月の安定収入・インフレに強い・節税対策

不動産投資の収益は家賃収入がほとんど。金融商品のように日々の変動を気にすることなく、毎月安定した収益が得られます。その間、腰を据えて本業にも打ち込めるのでリスクが少ない投資といえるでしょう。さらに、外部要因であるインフレが起こった場合にも、不動産の価格や家賃も物価に合わせて上昇。相続税も抑えることができ、物件にかかる固定資産税や都市計画税、減価償却費など経費として計上できるので、節税効果も期待できます。

不動産投資はマンション投資とアパート投資に分かれそれぞれ、実物資産を保有できるメリットのほか、投資対象のスケールにより個別のメリットがあります。ここでは、新成トラストが考えるそれぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

新成トラストが考えるマンション投資のメリット:1棟と区分投資から選べる

マンション投資には、1棟所有と1部屋からの区分投資の2パターンがあります。自身が持つ現金や最終的に得たい収益から逆算して、どちらかを選択することが可能。多くの人は、初期投資の少ない区分投資からスタートします。さらに、住宅市場を踏まえても、今後も続いて建設されるのはアパートではなくマンションがほとんど。投資対象としても住居としても魅力的なマンションを所有することで、高い入居率を維持できるほか、売却する際も買い手が見つかりやすいでしょう。

新成トラストが考えるアパート投資のメリット:土地自体が資産になる

大手不動産サイトによると、アパートの平均価格は約1億2000万円、1棟マンションの平均価格は2億4000万円。アパートはマンションのおよそ半分の初期投資で、建物と土地の両方を手に入れることができます。そのため、運用がうまくいかない場合は取り壊して、新しい建物や駐車場など異なる資産へ変換可能に。さらには、土地を売却してキャッシュにすることも。複数の部屋を運用するため、家賃収入がゼロになることもほとんどありません。

空室率が低く、修繕費用と初期投資も小さい
マンション投資がオススメ

各々、異なるメリットを持つものの、投資対象として優れているのはマンション投資。アパート投資では、基本的に区分所有の投資形態がないため複数の部屋を運用することになります。しかし、マンションと比較すると、設備の充実性や郊外に多いという立地条件から空室率が高くなるケースが多い。さらに、初期費用と維持費にも大きな差が生まれます。区分所有ができるマンション投資は初期費用を小額に抑えることが可能。マンションの場合、築年数が浅い物件が多く、1部屋だけなので修繕費もアパートより安くなります。収益面でもコスト面でも、総じてマンション投資の方が有利なのです。

投資初心者の方は、
新成トラストが手掛けるワンルームマンション投資から

投資初心者には、初期費用やランニングコストが低いワンルームマンションがオススメ。今後の収益拡大に向けて、マンション経営のアイデアを試すハードルも低く、経営に割く時間や精神的負担も少なくて済みます。実際に、最近はサラリーマンや公務員など本業と両立する方が多くいらっしゃいます。ただ、初めての方には分からないことや不安なこともあると思いますので、お気軽に新成トラストまでご相談ください。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.