新成トラストの資産運用

新成トラストが不動産投資で成功する人・失敗する人の違いを解説

99 views

新成トラスト

マンション経営で成功する人と失敗する人は何が違うのでしょうか?情報が大切なのは当然ですが、いくらマンション経営に関する情報を集めても、ポイントを抑えていなければ意味がありません。そこで今回は、マンション経営で成功する人が大切にしているポイントを解説します。

不動産投資で儲ける仕組み

マンション経営の肝は入居率を高く維持すること。入居者がいる限り、毎月安定した家賃収入を得られます。ただ、家賃がそのまま収益となるわけではありません。管理費や修繕積立金、固定資産税、ローン返済などの支出を引いた金額が実質的な収益となります。物件を売却する場合に、購入価格以下だったとしても、毎月の利益を考慮してトータルでプラスになればマンション経営で儲かったといえるのです。
また、投資用不動産は経費計上することで、所得税・住民税の節税効果も期待できます。さらに、マンションは現金よりも相続税の評価額が低いため、相続税対策にも有効です。マンション経営によって節税することで、実質的な儲けを得ることができます。

成功する人は「エリア」「管理」にこだわる

エリアにこだわる:賃貸ニーズで物件を選ぶ

マンション経営で最もこだわるべきポイントは物件選び。特に、賃貸ニーズが見込めるエリアのマンションを購入することが大切です。いくら後から頑張っても、住みたいと思う人がいないエリアでは入居者が決まりません。トレンドのワンルームマンションを購入する場合は、単身者が住みたいと思うエリアの物件を選びましょう。例えば、ビジネスパーソンが集うオフィス街や周期的に入居者が見込める大学周辺などの物件は賃貸ニーズが高いといえます。

管理にこだわる:集客や日々の管理は管理会社に任す

ただ、マンション経営はマンションを購入して終わりではありません。そこから、大切な収益に関わる入居者募集や家賃設定、お金の管理、トラブル対応、修理・修繕などたくさんやるべきことがあります。一人でこなそうとすれば、知識も経験も必要ですが、管理会社に任せれば問題ありません。基本的にマンションオーナーは管理会社に依頼しているケースがほとんどです。

物件選び、不動産管理、マンション経営は新成トラストにご相談を

新成トラストでは多角的な事業を展開しています。幅広い知見・ノウハウを活かして開発している『スワンズマンション』は、入居率99.3%。マンションオーナーは全国に広がり、日々さまざまな相談に対してアドバイスしています。物件選びや不動産管理、マンション経営に関することは何でもご相談ください。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.