新成トラストの資産運用

資産や目的に沿って選べる 新成トラストのマンション経営計画とは?

13 views

新成トラストのマンション経営計画とは?

初めてのマンション経営を検討している方は「実際に利益を得られるのか」、
「本業との両立が可能なのか」など様々な不安を持っています。
そこで今回は、1人ひとりに合ったマンション経営を実現するために、新成トラストが提案するマンション経営計画についてご説明します。

一人ひとりに合わせたマンション経営計画を提案

投資用マンションにおける経営計画は、下記の2つの要素を組み合わせてプランニングします。
・購入プラン:ローン、もしくは現金で払うのか
・契約プラン:直接契約型、管理代行型、家賃保証型

新成トラストでは、このような幅広いプランをご用意することで、オーナー1人ひとりに合ったマンション経営計画の提案が可能となっています。

初期費用に影響する2つの購入プラン

現金で購入する場合
退職金や満期を迎えた定期預金などを活用して現金で購入されるオーナーも増加傾向に。家賃収入がすぐに得られるため、手元に資金がある方にはオススメ。

ローンで購入する場合
当社の提携ローンを活用し、少額の初期投資でマンション経営が始められます。20~30代の方は
手元の資金をあまり使いたくない方も多いため、ローンを選ばれる方がほとんどです。

家賃収入に影響する3つの契約プラン

3つのプランにおけるポイントは「家賃収入がオーナーの手元に届く仕組み」の違いです。この点に注目しながら、各プランのメリットを見ていきます。

入居者との直接契約型

家賃が入居者からオーナーの口座まで直接送金されるシステム。延滞などがあれば、
オーナーの指示に従って当社が催促します。
特徴
・手数料が抑えられる
・住居者が家賃を入金してくれれば、手間もかからない
※入居者からのクレームがあった際は受付・対応が必要

ストレスフリーの管理代行型

毎月の家賃集金を当社が代行する安心のシステム。オーナーの口座には、当社から送金するので入金確認も不要です。
特徴
・オーナーにかかる入金確認や入居者への催促などの手間が削減される
・未入金に対する精神的なストレスから解放される
※入居者からのクレームがあった際は受付・対応も当社が代行します。

空室のリスクヘッジにもなる家賃保証型

当社が物件を貸借し、第三者に転貸するシステム。家賃保証型なので、マンション経営にとって最大のリスクである“空室”の心配が必要ありません。
特徴
・空室の場合でも一定の家賃収入を得ることができる
・管理代行型と同じく、集金の手間がかからない

新成トラストならワンルームからマンション経営を始められる

投資対象を1棟にするのか、1部屋にするのか。これは、マンション購入後のオーナーにかかる手間や収益の大きさ・安定性に関わってくるので、
正しい知識を持って判断するべき。1部屋から始められるワンルームマンション投資はわずかな資金で
スタートすることが可能で、ほとんど実質的な手間がかかりません。
すわなち、「経済的」にも「時間的」にも負担の少ない投資法のため、投資経営初心者の方にオススメ。
最近では、一般のサラリーマンやOL、公務員など幅広い職種の方がマンションオーナーになっています。
インターネット上にある多くのサイトには、
その記事ごとによって言っていることが異なることもしばしば。
「どの情報を信用すればいいのか分からない」と悩んでいる方も多いはず。
新成トラストでは、正しい知識を有したコンサルタントがお話を聞きますので、
安心してご相談下さいませ。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.