スワンズマンション , 新成トラスト

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集5選-vol.5-

23 views

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集5選-vol.5-

ワンルームマンション経営や不動産投資を検討中の皆さん。本やWebサイトを読んでいるときや、不動産会社と打ち合わせをしているときに、業界用語の正しい意味が分からないことってありませんか?そこで今回は新成トラストが抑えておくべきワンルームマンション経営の重要用語をご紹介します。

ワンルームマンション経営における基本の重要用語5選

レバレッジ

少額の資金で大きなリターンを獲得する投資の基本戦略のひとつ。マンション経営におけるレバレッジは、ローンを利用して自己資金より高額のマンションを経営することを意味しています。マンション経営や不動産投資では、ローンにより自己資金の数倍から数十倍もの金額で取引し、レバレッジ効果を狙うのが一般的です。そのため手元の現金が少額でも問題ありません。少ない初期費用で投資を始められる点はマンション経営のメリットでしょう。

キャッシュフロー

キャッシュフローとは、実際に得られた収入に対して、現金支出を差し引いて手元に残る資金の流れのこと。不動産投資の場合は「キャッシュフロー=家賃−(経費+返済)」で算出することができます。特にサラリーマンや公務員、OLなど投資初心者の方にとっては重要な考え方です。ローンの返済が負担にならないマンション経営ができるように、初期の段階ではキャッシュフローを重視した投資法をおすすめしています。

ディベロッパー

マンション開発・分譲をはじめ、宅地造成やリゾート開発、再開発事業といった比較的大規模な事業の主体となっている不動産会社のこと。ディベロッパーが開発したマンションを分譲する場合には、中間マージンが発生しないため他社よりも低価格で物件を販売していることも。新成トラストも不動産ディベロッパーとしてマンション開発・分譲を実地。ほかにも賃貸やリノベーションなど多角的な事業を展開しています。

ブランドマンション

最近話題のブランドマンションとは、不動産ディベロッパーが販売している高品質なマンションシリーズのこと。1つのブランドとして一貫したコンセプトを持たせることで、他のマンションとの差別化が図られています。その特徴は立地が良い物件が多いため、高い賃貸需要が見込めることです。新成トラストは関西を中心に入居率99.3%のブランドマンション『スワンズマンション』を展開しています。

空室リスク

ワンルームマンション経営の最大のリスクは空室リスク。所有する物件に入居者が付かず、空室になってしまうことです。入るはずの家賃が一定期間入らないと、収入は安定しません。さらにローンを受けて購入しても、その返済を家賃収入から支払えるという不動産投資ならではの魅力も失われてしまいます。だからこそ空室リスクを抑えるために、高い入居率の物件や、集客力のある不動産会社をパートナーに選ぶことが大切です。

新成トラストはワンルームマンション経営をトータルサポート

新成トラストでは投資の基本からワンルームマンション経営の基本まで、物件購入前のオーナー様の疑問にお答えします。さらに物件購入後も、マンション経営の賃貸管理・建物管理業務を全て代行。購入前から購入後までワンルームマンション経営をトータルサポートしますので、お気軽にご相談ください。

スワンズマンション | 新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.