新成トラスト

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集5選-vol.6-

23 views

新成トラスト、不動産用語

ワンルームマンション経営や不動産投資を成功させるためには、まず業界の当たり前を理解することが大切です。特にオーナー様の収入に関わる重要用語は知っておくべきでしょう。そこで今回は新成トラストがお金と繋がりのあるワンルームマンション経営の重要用語について解説します。

ワンルームマンション経営における基本の重要用語5選

サブリース

サブリースとは不動産管理会社がオーナー様から収益物件を借り上げて、それを入居者に転貸する管理形態のこと。入居者の有無に関わらず、オーナー様は不動産管理会社から賃料の大部分を保証してもらえます。一般的な管理契約における空室リスクを気にせずに、安定した収入を見込める点は大きなメリットです。また管理業務も不動産管理会社が行うため、オーナー様の負担も軽減できます。

アセットマネジメント

不動産投資におけるアセットマネジメントとは、投資用不動産を通じた資産の形成・運用・保全をオーナー様に代わって行うことを意味します。資産を最大化するために、物件の買付・売却や運用計画の立案をはじめ、資産評価、財務分析、資産ポートフォリオ組み替えのアドバイスなどを実施。高度な知識や経験が求められるため、不動産投資やワンルームマンション経営のプロに任せるべきでしょう。

プロパティマネジメント

投資先進国のアメリカ発祥の不動産の管理方法。オーナー様の代わりに不動産価値の向上を目指して、投資用不動産の物理的な管理や入居者募集、賃料の回収、トラブル対応などの業務を代行することです。ワンルームマンション経営におけるオーナー様の業務は幅広いため、不動産管理会社にプロパティマネジメントを任せるべきでしょう。

イールドギャップ

投資物件の利回りと不動産投資ローンの金利の差のこと。「イールドギャップ=利回りーローン金利」で表すことが可能です。少額の資金でローンを組み、多額のリターンを狙うレバレッジ効果を基本戦略とする不動産投資において、イールドギャップは重要な指標となります。いくら利回りの良い収益物件を購入しても、ローンの金利が高くては、イールドギャップが下がると同時に収益性も減少してしまうのです。

リノベーション

リノベーションとは、元の状態に戻すリフォームとは異なり、今までになかった新しい価値を加えるための改修工事のことです。入居者ニーズのトレンドを踏まえてリノベーションを実施することで、古い物件でも高い集客力を手に入れ、安定した収入を得られます。さらに物件価値の向上や家賃の値上げも期待できるでしょう。

新成トラストはワンルームマンション経営のパートナー

新成トラストは不動産投資やワンルームマンション経営をトータルサポート。多角的な事業を展開する不動産投資のプロ集団としてあらゆるお悩みを解決します。入居率99.3%を誇る自社開発マンション「スワンズマンション」シリーズも手がけているので、気になる方はお気軽にご相談ください。

カテゴリー:新成トラスト

新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.