新成トラスト

マンション投資を始めるための 「物件選び」と「会社選び」のコツは?

64 views

新成トラストの不動産投資情報

昨今、幅広い年齢層の方がマンションオーナーの道を歩み始めているなか「私もマンション投資に挑戦したい」という方も少なくないのではないでしょうか? 今回はマンション投資を始めるための「物件選び」と「会社選び」について解説していきます。

マンション投資を始めるために大事な「物件選び」と「会社選び」

マンション投資を始めるにあたって、抑えておきたい重要な要素が2つあります。まず1つが「物件選び」です。物件のグレードや立地の良し悪しによって入居率は大きく変わり、それに伴いオーナー様が手にする家賃収入も変化します。長期的な家賃が望める物件のポイントを把握しておいて損はないでしょう。
そして、もう1つが「会社選び」です。特に不動産投資初心者の方は物件だけに目が行きがちですが、マンション経営をサポートしてくれる会社選びも忘れてはいけません。マンションオーナーの仕事は入居者募集・集金業務・トラブル対応など多岐に渡りますが、賃貸管理を手厚くサポートしてくれるパートナーを選ぶことで、安定したマンション経営がぐっと近づきます。

新成トラストが教える「物件選び」のコツ

駅周辺など立地が良い

マンション経営において「立地」は最も重要視すべきポイントの1つであり、賃貸需要が見込めるエリアに建てられた物件は、長期的に高い入居率が見込めるでしょう。入居者の視点に立って「駅からの距離」「治安の良さ」など日常生活のしやすさを考慮して、物件を選ぶようにしましょう。

ブランドマンションなどグレードの高さ

ディベロッパーが自社で手がけているブランドマンションなどは、デザイン・セキュリティシステム・室内設備などあらゆる面で優れており、入居者の満足度が高い傾向にあります。空室リスクも低く、長期的に高い入居率をキープできる「ブランドマンション」は、昨今のマンション投資において1つのキーポイントとなっています。

入居者が離れない充実の住環境

「入居者が長く住み続けたいと感じるか」という視点は、物件選びにおいてとても大切です。「Wi-Fi完備」「オートロックシステム」「高い断熱性・遮音性」「浴室換気暖房乾燥機付き」などトレンドを抑えた設備が整う物件は入居者様の満足度が高い分、高い入居率をキープしやすいと言えるでしょう。

新成トラストが教える「会社選び」のコツ

賃貸管理のサポートが手厚い

マンションオーナーの仕事は入居者募集・保守・メンテナンス・リフォームなど多岐に渡ります。マンション経営を本業にしているオーナー様ならまだしも、多くの方は別に本業をお持ちであるため、賃貸管理に関する業務をトータルでサポートしてくれる会社を選ぶことをお勧めします。

自社開発物件へのこだわりを持っている

「ステータスを感じさせるデザイン」「賃貸需要が途切れにくい人気エリア」「快適に過ごせる最新設備」などこだわりが詰まった物件は入居率が高い傾向にあります。そのような物件を開発できる不動産会社は入居者ニーズを理解しているため、マンション経営のアドバイザーとして力強い味方となってくれるでしょう。

不動産のノウハウを持っている

マンション経営は10年以上の長期間に及ぶ投資法であり、その間には政治や経済の動向も変化し続けます。その時々の状況に合わせて柔軟に対応・提案してくれる会社をパートナーにすることは、マンション経営の大きな武器となります。

新成トラストがマンション投資のベストパートナーに

2002年の創業以来、賃貸・売買仲介、コンサルティング、リノベーションなど多角的な事業を展開する不動産総合ディベロッパーとして、オーナー様の資産活用に貢献してきた新成トラスト。現在は主要都市に数多くのブランドマンション「スワンズマンション」も開発しています。物件選びから運用までマンション投資に関することはまず新成トラストにご相談ください。

カテゴリー:新成トラスト

新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.