新成トラスト

新成トラストが解説する「ワンルームマンション経営の疑問や不安」

46 views

新成トラストが解説する「ワンルームマンション経営の疑問や不安」

第二の収入の柱として投資への関心が高まる昨今、安定した収入が見込める「ワンルームマンション経営」が脚光を浴び、現在は職業を問わず幅広い方々がマンションオーナーとしての一歩を踏み出しています。実際にこの記事を読まれている方のなかにもマンション経営に興味を持ち始めて、色んな疑問が次々に湧いてきている方も多いのではないでしょうか。そこで今回はこれまで多くのマンションオーナーの誕生に立ち会ってきた新成トラストが、皆様から多く寄せられる質問や相談にお答えしていきます。

ワンルームマンション経営でよくあるご質問

新成トラストを通じて全国各地でマンションオーナー様が誕生していますが、そのような方々の中にはもちろん投資未経験者・初心者様もたくさんいらっしゃいます。さらに、投資ブームが加速する昨今、「将来に向けて資産を作りたい」という方からのマンション経営に関するご相談も後を絶ちません。実際にマンション経営に興味を持った方々からよくある質問とその回答をまとめましたのでご紹介していきます。

Q:どんな方がどんな目的で始める場合が多いのですか?
A:経営者や医師だけでなく、会社員・公務員など幅広い人が本業と並行してマンション経営をしています。

不動産投資に対する敷居が低くなってきた昨今、在職中の会社員や公務員など一般の方々も1部屋からワンルームマンションを購入・運用し、将来に向けた資産形成を行っています。オーナーとなる方は20代半ばから50代と年齢層も幅広く、「老後の私的年金に」「生命保険代わりに」、「相続対策に」など、ギャンブル的な考えではなく堅実的な目的で運用されるケースがほとんどです。

Q:少子高齢化が進むと、将来は借り手が減ってしまうのでは?
A:大都市圏の医療・介護ネットワークが充実し、高齢者のワンルーム利用が増加

少子高齢化が加速しつつも、実はワンルームマンションの居住者となる単身世帯は逆に増加傾向にあります。なかでも人口が集中し、オフィスや商業・文化施設も多い大都市圏における賃貸需要は高水準をキープ。今後もさらに医療・介護ネットワークが充実していくと、さらに高齢者のワンルーム利用が増加する見込みとなっています。

Q:マンション経営の知識がないし、時間に余裕もないけど大丈夫?
A:新成トラストではマンション経営に必要な全ての専門業務を代行します。

新成トラストがマンションオーナー様から支持される1つの理由が「充実の賃貸管理サポート」です。新成トラストでは充実の賃貸管理サポートで、マンションオーナー様の資産を守り、継続して家賃収入ができるようサポートさせていただいております。

Q:火災で建物が被害を受けたときはどうなりますか?
A:マンションの一室を所有するワンルームマンションオーナーも、所有する建物部分については火災保険でリスクをカバーします。

当社が開発する投資用ブランドマンション「スワンズマンションシリーズ」は、万が一の事態にも備えて耐久性の高い建築構造を基本としております。さらに万一の際の保険として当社では「火災保険」をご用意しております。また、地震の際も建築基準法では震度7程度では倒壊しないことが規定となっています。

今、ワンルームマンション経営が人気の理由

株やFXなどの投資と比べ、実物資産となるマンションは金利の変動をはじめとした経済環境の影響を受けにくく、長期的な資産形成に期待できる運用法として注目されています。また、ワンルームマンション経営の場合は初期投資が少なく、比較的リスクの少ないのもメリットのひとつ。事情により現金が必要になった場合もお持ちのマンションを換金することができるなど流動性も高いため、その時々のライフプランに合わせて用途を変更できる点も魅力のひとつでしょう。

新成トラストではオンラインでも無料相談を受付中

多くの人が漠然と将来に不安を抱えていながらも「何から始めればいいのかわからないから……」と、将来に備えることを後回しにしている人も多いでしょう。これまで多くの方のマンション経営をサポートしてきた新成トラストでは、マンション投資・資産活用の相談を受け付けており、オンラインでも無料相談できまますので、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:新成トラスト

新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.