不動産投資情報

新成トラストが教える、マンション経営において賃貸を続けるメリットとは?

15 views

新成トラスト、記事イメージ

「入居者が決まらない」「まとまったお金が欲しい」など、マンション経営を続けていると売却を検討するタイミングが訪れることがあります。しかし、簡単に売却してしまうのはもったいない。マンション経営は賃貸を続けることでこそ、投資効果が期待できるのです。そこで今回は、新成トラストがマンション経営において賃貸を続けるメリットをご紹介します。

マンション経営の基本は賃貸による家賃収入

マンション経営の収入源は2つあります。ひとつは売却益によるキャピタルゲイン。もうひとつは家賃収入によるインカムゲインです。安定的かつ継続的な収入が得られることから、私的年金やインフレ対策としてインカムゲイン狙いのマンション経営を始める人が増えています。もちろん、ライフプランに合わせて将来的には売却する機会もあるでしょう。ただ、入居者が決まらないから売却するという理由なら、不動産管理会社に相談しながら、まずは入居率アップを目指すべきです。

物件を所有・賃貸し続けるメリット

手間いらずで自動的に収入が得られる

マンション経営の日々の業務や入居者の集客は、不動産管理会社へ委託可能。オーナーは手間要らずで、安定した収入を得られます。新成トラストでは、オーナーの仕事をトータルサポートしているため、全ての仕事をお任せください。一方で、株やFXなどの投資ではこまめに値動きを確認しないと大きな損失を被るリスクがあります。

毎年の節税対策や相続税対策にも活用できる

建物の減価償却費やローンの利息、租税公課、修繕積立金や管理費などは、マンション経営にかかる費用として計上できます。確定申告することで、所得税の還付や住民税の減額など節税効果を得られることも。また、相続税を計算する際に、マンションは金融資産よりも課税額が低く見積もられるため、相続税対策にもご活用いただけます。

居住用として利用することもできる

マンション経営のもう一つのメリットは“流動性の高さ”です。家賃収入で収益を得る以外にも、ライフスタイルの変化に応じて「居住用や仕事場として使用する」「定年後に郊外から都心に引っ越して住む」など様々な使い道があります。投資用マンションは購入時の負担も少なく、購入後もその都度用途を変更できるため、初めての方にとって最適な投資対象といえるでしょう。

賃貸には入居率が高い物件を。新成トラストのスワンズマンションは入居率99.3%

物件選びで最も大切なのは入居率です。いくら利回りが良くても、入居者がいなければ収入はゼロのまま。なかでも、新成トラストの高級ブランドマンションシリーズ『スワンズマンション』は入居率99.3%。検討するためにも、まずはご相談にいらしてください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.