不動産投資情報

新成トラストがおすすめする年齢別の不動産投資とは?

16 views

新成トラストがおすすめする年齢別の不動産投資とは?

「不労所得を得たい」「老後のための資産形成を行いたい」と考えている方におすすめしたいのが、安定した定期収入が得られる不動産投資。ただ、投資のリスクを恐れて慎重になるあまり、いつ始めればいいのかタイミングを見失っている人も多いのでは?そこで今回は、「いつ不動産投資を始めるべきなのか」と悩んでいる方に向けて、年齢別の不動産投資戦略をご説明します。

ローンを組む場合は年齢に合わせた返済計画を

ローンに頼らず物件を現金のみで購入できる場合、不動産投資は何歳からでも始められます。しかし実際は、金融機関からの融資を受けて物件を購入する方がほとんど。その場合、年齢や収入などの一定の条件があるため、年齢別の不動産投資戦略が必要となります。
ローンを組む場合、一般的に79〜84歳までに返済を完了できる返済計画が求められます。ローンにも、30・35・45年ローンなどいくつかの種類があるので、投資の目的や期間に合わせて、返済計画を立てるようにしましょう。

20〜30代、40〜50代、60代以降の年齢別で考える不動産投資戦略とは

物件購入時の年齢により、ローンを利用すればメリットがあります。でも、年齢によってメリットの内容が異なるため、不動産投資戦略も変わります。ここでは、年齢別に不動産投資の手法を見ていきましょう。

①新成トラスト流「不動産投資戦略」:20代〜30代の方の場合

不動産投資において、時間は大きな武器になります。なぜなら、長期で返済可能なローンを利用できるからです。例えば、25歳で35年の不動産投資ローンを組んだ場合、35年後の60歳で完済することに。さらに、団体信用生命保険へも加入することになりますので、ローンのメリットを多く受けられます。

②新成トラスト流「不動産投資戦略」: 40代〜50代の方の場合

若い世代よりも手元に現金があるため、様々な不動産投資パターンを選択できるのが最大のメリット。また、頭金を多く用意して、毎月の家賃収入が返済額を上回るように設定できるので、逆に収入を得られるケースも。老後の備えと並行して、現時点から不労所得を得ることが可能です。金利支出を減らしたい方には、ボーナスを利用した繰り上げ返済がおすすめです。

③新成トラスト流「不動産投資戦略」: 60代以降の方の場合

退職金や会社員生活で蓄えた貯金があるため、現金に関しては比較的余裕があるはず。そこで、ローンを利用せずに不動産投資を行うパターンが一般的です。投資後すぐの家賃収入がそのまま収益となるだけでなく、相続税対策や家族への資産継承の意味でも、様々なメリットを受けられます。

具体的な戦略の相談は新成トラストのコンサルタントにお任せ

「自分に最適な不動産投資戦略が分からない」という方は、不動産のプロにお任せください。コンサルタントが、あなたのライフプランや手元の現金に合わせた不動産投資戦略をご提案します。当社では、入居率97%を誇るスワンズマンションシリーズを用意しているので、お気軽にご相談にいらして下さい。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.