不動産投資情報 , 新成トラスト , 新成トラストの資産運用

新成トラストが解説する「ワンルームマンション経営」のメリット5選

64 views

新成トラストが解説する「ワンルームマンション経営」のメリット5選

将来に向けた資産形成の手段として不動産投資が注目されている昨今、貴重性の高い都心部における資産運用型マンションを開発している新成トラスト。現在は新成トラストが開発する投資用ブランドマンション「スワンズマンション」を通じて数多くのマンションオーナーが誕生しています。今回はマンションオーナー様が受けられる「ワンルームマンション経営のメリット」について解説していきます。

ワンルーム経営を始める人が全国で増加中

まずワンルームマンション経営とは「1部屋を購入し、賃貸することで収入を得る」方法となります。少子高齢化が加速するなかでも、加速する晩婚化・未婚率の上昇・単身赴任者層の増大・借上げ社宅の需要などもあり、ワンルームマンションの居住者となる単身世帯は増加傾向にあります。さらに、今後は医療・介護ネットワークがさらに充実していくと、高齢者のワンルーム利用が増加する見込みとなっています。

そのため昨今では第二の収入の柱としてワンルームマンション経営が注目されており、現在は職業を問わず幅広い方々がマンションオーナーとしての一歩を踏み出しています。新成トラストを通じて全国各地でマンションオーナー様が誕生しており、投資未経験者・初心者様もたくさん。では、皆様は一体どういう点にメリットを感じているのでしょうか。次の章でまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

ワンルームマンション経営の5大メリット

少ない自己資金から始めることができ、「ローリスク・ミドルリターン」と言われているワンルームマンション経営。人生100年時代とされるなか、様々なメリットを感じてワンルームマンション経営を始める人が増えています。

第2の収入源

賃借人さえ付いていれば、家賃収入がそのまま不労所得として第2の収入源となります。特にアパートと違い、マンションの場合は市街地に多いのが特徴であり、賃貸需要が途絶えにくい傾向にあります。

年金対策

急速に少子高齢化が進み、公的年金だけに頼っていては老後が不安な時代。長期的に安定した家賃収入が見込めるため、貯蓄だけでは不安な退職後の私的年金となり、セカンドライフにゆとりをもたらします。

貯蓄効果

「利回り」とは、資産(貯金)から、年間で生み出される利益(利子)のことです。マンション経営において、購入したマンション(資産)から得られる家賃(利益)がどれほどかを指すものとなります。ワンルームマンションへの投資は銀行預金と比べて高利回りで、安定した収入が得られます。

生命保険・医療保険効果

住宅ローンを利用すると「団体信用生命保険」に加入します。オーナー様が亡くなられたり、高度障害になられたりした際、この生命保険で住宅ローンを償還でき、マンションの所有権と家賃収入はご家族に託せます。また、三大疾病に対応した医療保険として活用することも可能です。

節税効果

マンション経営にかかる費用(建物の減価償却費やローンの利息、租税公課、修繕積立金や管理費など)は必要経費と認められ、確定申告することで所得税の還付や住民税が減額され、節税につながります。また、マンションの場合、株や現金とは違い、評価額に対しての課税となり、実際の価格よりも安くなるため、相続税対策にも有効です。

新成トラストならマンション経営未経験者・初心者を徹底サポート

メリット盛りだくさんのワンルームマンション経営ですが、マンション経営を始める際は、どこのマンションを購入するかも大事なポイントです。新成トラストが展開する自社ブランドマンション「スワンズマンション」なら、高い入居率をほこり、長期で安定した家賃収入が見込めます。購入後のフォローはもちろん、購入前から疑問を解消いただけるよう無料相談も実施しており、オンラインでも柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

不動産投資情報 | 新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.