不動産投資情報

新成トラストが解説、リスクの少ない不動産投資術

33 views

新成トラスト

不動産投資はリスクを抑えて、安定した収入を得ることが大切です。成功するか否かの命運を分けるのは投資用不動産の物件選び。そこで今回は、新成トラストが物件選びをポイントに、リスクの少ない不動産投資術について解説します。

低リスクの投資用不動産の3つの特徴

まずはリスクの低い投資用不動産の特徴を3つご紹介します。

立地が良い

不動産投資の物件選びにおいて最も大切なのは立地です。全盛期であったバブルの時代から続く鉄則といえます。最近の不動産投資市場を踏まえると、駅近の物件がおすすめ。また、物件エリア付近や最寄駅の沿線上にビジネス街や大学があるかもポイントのひとつ。ビジネスゾーンやキャンパスゾーンと呼ばれ、主な入居者ターゲットとなる社会人と学生から賃貸需要が見込めるため、空室リスクを大幅に抑えることができます。

管理・メンテナンスの質が高い

物件選びでチェックすべきポイントは部屋だけではありません。部屋の外を含め建物全体にまで管理が行き届いているかも確認しておきましょう。管理会社の建物管理が適当でない場合、エントランスをはじめ物件の見た目が損なわれていたり、共用設備にトラブルが発生したりと、入居者の満足度を下げてしまう可能性も。入居率に影響を及ぼす可能性のあることなので十分に注意しましょう。

グレードが高い

入居者が“住みたい”と思う物件かどうかも確認しておきましょう。チェックポイントは外観や内観のデザイン、最新のセキュリティシステム、豊富な室内設備など物件のグレード。入居者から高い満足度が得られるため、長く住み続けてもらうことで家賃収入が安定します。

そのほか、中には入居者が最初から住んでいるオーナーチェンジ物件と呼ばれるものも。「購入直後から家賃収入が発生する」「入居者募集の期間損失が防げる」「収入の予測が立てやすい」などメリット尽くし。物件選びにおける指針として活用しましょう

リスク分散もできるワンルームマンションがおすすめ

「出来るだけリスクを抑えたい」と考える不動産初心者の方には投資用ワンルームマンションがおすすめです。初期費用が抑えられ、単身世帯から安定した賃貸需要が見込めるため、高い入居率を維持できます。流動性が高いため売却しやすいというメリットも。また、居住用や仕事用の物件としてオーナー様ご自身が活用することもできます。さらに、費用面から複数物件を所有しやすく、「空室リスク」「災害リスク」「流動性リスク」など、様々なリスクを分散できる点も人気の理由でしょう。

新成トラストのワンルームマンション『スワンズマンション』なら入居率99.3%

大阪を中心に関西エリアで不動産投資を始める場合は入居率99.3%の『スワンズマンション』で決まり。オーナー様の安定した収入を確保するため「立地」「管理・メンテナンス」「グレード」にこだわったワンルームマンションです。なかにはオーナーチェンジ物件もあるため、まずは開発会社の新成トラストにご相談を。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.