不動産投資情報

新成トラストが不動産投資のキーワードをご紹介

19 views

新成トラストが不動産投資のキーワードをご紹介記事イメージ

副業や資産形成の有効な手段として、脚光を浴びる不動産投資。興味を持つと同時に「今の自分の知識で初めても大丈夫?」と、あと一歩が踏み出せない方も多いはず。そこで今回は、不動産投資において覚えておくべきキーワードや、人気の不動産投資法をご紹介します。

不動産投資で知っておくべきキーワード

不動産投資の核となる、収入と経営に関するキーワードをみていきましょう。

収入に関わるキーワード

キャピタルゲイン
土地の価格が購入時よりも値上がりした分の売却益をキャピタルゲインと呼びます。土地や物件の値上がりが顕著だったバブルの時代には、不動産投資の主な収益源として認識されていました。

インカムゲイン
最近の不動産投資の主な収益源は、定期的に入るインカムゲイン。不動産投資においては家賃収入が当てはまります。収益源のシフトによって、安定的に収益が得られるようになり、計画的な資産運用が可能となりました。結果的に、不動産投資はローリスク・ミドルリターンの投資法として、現在も脚光を浴びています。

利回り
利回りとは、投資金額に対するリターンの割合のこと。不動産投資においては、物件紹介ページなどに記載されている「表面利回り」と、諸経費を考慮した「実質利回り」の2種類があります。各物件のおおよその利回りを比較する場合は表面利回りを、実際に資産運用プランを立てる際には実質利回りを利用しましょう。

経営に関わるキーワード

マンションの品質はもちろん大切ですが、そもそも入居者がいなければ家賃収入はありません。そのため、継続して入居者がいる状態にするため、集客力がカギになります。賃貸管理を一括して委託する場合、管理会社の集客力やフォロー体制も要チェックです。

ワンルームマンション

マンションにおける区分所有を意味します。富裕層のみならず、20〜30代のサラリーマン、公務員、OL、看護師にとって最適の投資対象として知られています。ワンルームマンションの登場により、これまで投資に興味を示さなかった層も、不動産投資を行うようになりました。

ワンルームマンション経営が人気の理由

新成トラストでは、不動産投資初心者の方にワンルームマンション投資をおすすめしています。最大の理由は、ローンを組めば少額の初期費用で投資を始められるから。毎月のローン返済額を家賃収入よりも低く設定できるケースもあるため、投資を始めたタイミングから定期的な収入を得ることも可能です。また、流動性が高いため、いざ現金が必要となったときに売却しやすい点もメリットとして挙げられます。多角的に検討した際に、リスクが低く安定した収入が見込めるため、初心者の方にぴったりの投資法といえるでしょう。

新成トラストのワンルームマンションシリーズスワンズマンションがおすすめ

ワンルームマンションを購入する場合は、利回りと入居率にも注目しましょう。いくら利回りが高くても、空室では収入は得られません。新成トラストが展開する高級ブランドマンションシリーズ「スワンズマンション」は入居率97%。不動産投初心者の方でも安定した家賃収入が手に入るので、一度ぜひご検討ください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.