新成トラスト , 新成トラストの資産運用

新成トラストが解説する、マンション経営で成功する人・失敗する人

22 views

大阪で不動産投資なら新成トラスト

不安の多い将来に向けた自己防衛策として、注目が集まるマンション経営。現在、新成トラストでは大阪の主要都市を中心に投資用ブランドマンション「スワンズマンション」の開発を積極的に進めており、全国各地からマンションオーナー様が誕生しております。今回はそんな熱視線を浴びるマンション経営において成功するパターンの一例をご紹介します。

なぜ、今マンション経営が注目されるのか?マンション経営で収入を得る仕組みとは?

そもそもマンション経営の仕組みとは、マンションの1室を購入・所有し、第三者に賃貸することによって収益(家賃収入)を得ることで資産を形成していくものです。単身者の世帯数増加が顕著に見られる昨今、少額から始められるマンション経営は「ローリスク・ローリターン」の投資先として認知されはじめ、多くの方は下記のようなメリットを感じてマンション経営の一歩を踏み出されています。
・少額の資金からでもコツコツと資産形成をしていける
・株やFXに比べリスクが低く長期的な運用に向いている
・節税の対策になる
・「もしも」のときの生命保険・医療保険の代わりに
・家賃収入でセカンドライフにゆとりが持てる
・将来を見据えた相続税対策に

など

マンション経営で成功する人と失敗する人はココが違う

入居者が見つからない場合、その期間中は家賃収入がありません。そのため、どんな物件を選んでもマンション経営は成功するとは限りません。それではどのようなケースだと入居者が見込め、長期的に資産を形成できるのでしょうか? マンション経営における成功パターンの一例を見ていきましょう。

マンション経営の成功パターン①:賃貸ニーズが絶えないエリアを選ぶ

マンション経営において「賃貸ニーズが絶えないエリアを選ぶこと」は重要視すべきポイントの1つであり、需要が見込めるエリアに建てられたマンションは長期的に高い入居率が見込めるでしょう。例えば「駅からの距離」、「治安の良さ」、「駅の使い勝手」など日常生活のしやすさを考慮して、物件を選ぶようにしましょう。

マンション経営の成功パターン②:家賃の値下がりが起きにくいブランドマンションを選ぶ

デザイン・セキュリティシステム・室内設備などあらゆる面で優れているブランドマンションは人気が絶えず、入居者満足が高い傾向にあります。空き室になりにくい分、長期的な家賃収入が期待できるため、マンション経営において重要なポイントと言えるでしょう。また、資産価値が下がりにくいため、売却時にも有利と言えるでしょう。

マンション経営の成功パターン③:ノウハウのある会社に賃貸管理を任せる

マンション経営においてオーナーがやるべきことは入居者募集・保守・メンテナンス・リフォームなど多岐
に渡ります。専門的な知識が必要な仕事は無理に自分で行うのではなく、管理を一括して任せられる会社を選ぶことで、本業と両立して無理なくマンション経営を続けやすいでしょう。

新成トラストならマンション経営未経験者・初心者でも安心してオーナーに

2002年の創業以来、賃貸・売買仲介、コンサルティング、リノベーションなど多角的な事業を展開する不動産総合ディベロッパーとして、オーナー様の資産活用に貢献してきた新成トラスト。現在は全国のマンションオーナー様のベストパートナーとして信頼関係を築き、皆様の資産形成のサポートをさせていただいております。物件選びから運用までマンション経営に関することはまず新成トラストにご相談ください。

新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.