新成トラスト , 新成トラストの資産運用

新成トラストが教える「ワンルームマンション経営」の3つの成功パターン

32 views

新成トラストが教える「ワンルームマンション経営」の3つの成功パターン

不動産投資で近年注目を集めている「ワンルームマンション経営」。「少額の資金からでもコツコツと資産形成をしていける」「株やFXに比べリスクが低く長期的な運用に向いている」「家賃収入でセカンドライフにゆとりが持てる」など様々なメリットがあり、昨今は多くの方がメリットを感じてマンション経営の一歩を踏み出されています。今回はそんなワンルームマンション経営について、成功へと導くための3つの成功パターンを解説していきます。

ワンルームマンション経営(区分所有)の特徴は?

分譲マンションの1室から始める「ワンルームマンション経営」、基本的に建物1棟を取り扱う「アパート経営」。不動産投資を検討されている方で、どちらを選べば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか?

まずワンルームマンション経営とは「1部屋を購入し、賃貸することで収入を得る」方法となります。アパート経営と比べても1棟を取り扱う訳でなく、「投資額が少なく手軽に始められる」というメリットがあります。そのため、サラリーマンや公務員など幅広い方々がオーナーとなり、長期で安定した家賃収入を得ています。

一方で基本的に1棟を丸々取り扱うアパート経営は、1室が主流のマンション経営に比べると、戸数が多いので収益性が高いというメリットがあります。ただし、初期投資額や維持管理費用が高く、様々なリスクが発生しやすい点もあります。特にアパートの場合は、都心に比べると賃貸需要が少ないエリアに建てることが多いので、空室リスクが大きい点はデメリットと言える部分でしょう。

ワンルームマンション経営で成功しやすいパターンとは?

「ローリスク・ロングリターン」が狙えることで注目を浴びているワンルームマンション経営ですが、もちろん所有する部屋に入居者がいなければ、その期間中は家賃収入がありません。そのため、どんな物件を選んでもマンション経営は成功するとは限りません。それではどのようなケースだと入居者が見込めて、長期的に資産を形成できるのでしょうか? マンション経営における成功パターンの一例を見ていきましょう。

賃貸ニーズが絶えないエリアを選ぶ

需要が見込めるエリアに建てられたマンションは、長期的に高い入居率に期待できます。「駅からの距離」、「治安の良さ」、「駅の使い勝手」など日常生活のしやすさを考慮して、物件を選ぶようにしましょう。

家賃の値下がりが起きにくいブランドマンションを選ぶ

デザイン・セキュリティシステム・室内設備などあらゆる面で優れているブランドマンションは、資産価値が下がりにくいため、売却時にも有利と言えるでしょう。運用時は入居者満足が高い傾向にあり、空き室になりにくい分、長期的な家賃収入が期待できます。

ノウハウのある会社に賃貸管理を任せる

入居者募集・保守・メンテナンス・リフォームなど、マンション経営を継続して行うためにオーナーがやるべきことは多岐に渡ります。特に昨今は、本業の傍らでと両立してマンション経営をするケースが多いため、専門的な知識が必要な仕事は無理に自分で行うのではなく、管理を一括して任せられる会社を選ぶと良いでしょう。

新成トラストならマンション経営未経験者・初心者でも安心してオーナーに

マンション経営未経験者や初心者の方が増えている昨今、マンション経営については様々なご相談・ご質問を頂いております。新成トラストは2002年の創業以来、賃貸・売買仲介、コンサルティング、リノベーションなど多角的な事業を展開する不動産総合ディベロッパーとして、オーナー様の資産活用に貢献。現在は全国のマンションオーナー様のベストパートナーとして信頼関係を築き、皆様の資産形成のサポートをさせていただいております。無料相談をはじめ、オンラインでも柔軟に対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.