スワンズマンション , 新成トラスト

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集5選-vol.8-

23 views

新成トラスト、マンション

貯金よりも資産形成が大切。何となく分かっていても、その理由まで理解している方は意外と少ないでしょう。そこで今回は、新成トラストが資産形成のヒントとなるワンルームマンション経営の重要用語をご紹介します。

ワンルームマンション経営における基本の重要用語5選

インフレヘッジ

経済がインフレの状態になっているときは物価が上昇します。それと同時に現金の価値は下がってしまうため、一般的に資産は目減りしていくばかり。インフレヘッジとは、この資産の目減りを防ぐために、インフレのときに価値の上昇が見込まれる資産へ乗り換えることを意味しています。不動産、金、株などの資産がその代表例です。長期的な資産形成に適した不動産投資を主軸に、複数の資産を保有することでリスクを軽減することができるでしょう。

不動産投資ローン

居住用ではなく、投資用不動産の購入を目的として組むローンのこと。株やFXなどの金融商品への投資ではローンを組めませんが、不動産投資の場合はローンを組むことが可能です。手元の資金が少なくとも、融資により大きなレバレッジ効果を利かせながら、すぐに投資を始めることができます。一般的なローンよりも多額の融資を受けられる可能性が高いことも不動産投資ローンの特徴です。

オーバーローン

ローンを組むときに注意したいのがオーバーローンです。返済金額が不動産の時価を上回ってしまい、物件を売却してもローンを完済できない状態のことを指します。近年では、ローンを組むときに物件価格よりも多額の融資を受けるという意味で用いられることも。最終的な利益を確保するためにも、ローンを組む前には、月々の家賃収入・ローン返済金額・物件価格の推移などをシミュレーションしておきましょう。

資金回収期間

投資した自己資金をどれくらいの期間で回収できるかを示した数字のこと。不動産投資業界では、「PB(Pay Back Period)」と呼ばれることが多いです。PBは投資の効率を表す指標であり、短ければ短いほど優れた投資法と判断できます。その計算方法は「投資した自己資金÷キャッシュフロー」。ここでいうキャッシュフローは主に家賃収入のことですが、諸経費やローン返済金額も考慮して計算するように注意すべきです。

委託管理

不動産投資オーナーの不動産管理・運営業務を不動産会社にアウトソーシシングすることです。マンションオーナーの業務は多岐に分かれていて、入居者募集・契約業務・退去立ち会い・トラブル対応・定期清掃・メンテナンスなどが挙げられます。そのため、別で本業を持つオーナー様のほとんどは委託管理を行なっています。

新成トラストのワンルームマンション経営で資産形成を始めよう

老後の私的年金をはじめ長期的な資産形成に適したローリスク・ミドルリターンの不動産投資。なかでも、新成トラストのスワンズマンションは入居率99.3%で安定した家賃収入が見込めます。資産形成の一歩を踏み出したいと悩んでいる方は、まずは新成トラストにご相談ください。

スワンズマンション | 新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.