不動産投資情報

新成トラストが教える、投資用不動産を購入するまでの流れ

43 views

新成トラストが教える、投資用不動産を購入するまでの流れ

不動産投資を始める場合に、何から取り組むべきなのか。物件探しと答える方も多いですが、その前にまずは投資用不動産を購入するまでの流れを理解しておくべきでしょう。そこで今回は、投資用不動産の購入フローと各ステップのポイントをご紹介します。

8ステップで不動産投資をスタート、まずは購入できる物件を知ることから

1.購入できる物件を知る

意外と忘れられているのが、この「購入できる物件」を知るということ。投資用不動産を購入する場合には、自己資金をはじめ、年収・勤務先・年齢・残存債務などの属性によって買える物件と買えない物件があります。また、自己資金はどれくらい必要で、どの金融機関からいくら融資を受ければいいのかも把握しましょう。

2.物件を探す

不動産会社に相談したり、ポータルサイトで気になった物件があれば問い合わせたりしてみましょう。さらに、不動産会社と積極的にコミュニケーションを取ることで、購入意欲が伝わり、有益な情報を教えてくれることもあります。

3.買い付けを入れる

購入したい物件には買い付けを入れる必要があります。人気の物件の場合はスピード勝負になるため、いざ気に入った物件が見つかったときに備え、前もって購入基準を明確にしておくべきです。

4.融資の審査を受ける

不動産投資を始める場合は、ローンを組むことをおすすめします。最大のメリットは生命保険の代わりとなる、団体信用生命保険に加入できること。また、自己資金の範囲で買える物件よりも高いレバレッジ効果が期待できます。

5.売買契約を締結する

売主から重要事項の説明を受けた上で、合意できた後は売買契約を結びます。気をつけるべきポイントは融資特約を付けておくこと。予定していた融資が不成立になった場合に、売買契約を白紙に戻せるという内容を契約書に記載することを意味します。

6.金銭消費賃借契約を締結する

融資を受ける金融機関と金銭消費貸借契約を結びます。契約後は融資期間をはじめ、利率や固定金利または変動金利などの条件を変更するには手数料などが必要となるため、交渉は契約前に済ませなければいけません。

7.管理会社の選定を行う

本業を持つサラリーマンや公務員の方が、入金管理、契約業務、クレーム対応などの慣れない管理業務をこなすのは大変なはず。そこで、専門の管理会社へ委託されることを推奨します。どの管理会社に委託するかは、集客力が高いかどうか、サポートが充実しているかなどを基準に選びましょう。

8.決済・引き渡しを行う

最後に売買代金を支払うことで取引は完了です。そのあと、物件の鍵や重要書類、付帯設備の保証書などを売主から受け取ります。

あなたに適した物件を探すなら新成トラストに相談を

新成トラストでは、「買い付け時の交渉」や「融資を受けられる金融機関の選定・紹介」から、「売買契約」や「金銭消費賃借契約」など契約周りの交渉までトータルサポート。購入できる物件を知り、各ステップで失敗しないためにも購入前にご相談にいらしてください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.