新成トラスト , 新成トラストの資産運用

新成トラストが解説「失敗しないワンルームマンション経営の5ヶ条」

7 views

新成トラストが解説「失敗しないワンルームマンション経営の5ヶ条」

人生100年時代と言われるなか、老後を見据えた資産形成の手段として注目が集まる不動産投資。不動産投資と言えば駐車場経営やマンション経営など様々な種類がありますが、そのなかでも「ワンルームマンション経営」を始める人が近年増加しています。そこで今回は、マンション経営を始める前に知っておきたい「失敗しないワンルームマンション経営の5ヶ条」について解説していきます。

「ワンルームマンション経営」はなぜ今、人気なのか?

ワンルームマンション経営とはズバリ「マンション1室を購入し、第三者に貸し出すことで家賃収入を得る投資方法」です。ワンルームマンション経営は「少ない自己資金でも始められる」「堅実で総合的にバランスの良い資産運用」と言われるなど、不動産投資未経験者・初心者も比較的始めやすいのが特徴です。
長期的な資産運用を考える人が国内でも年々増加していくなか、新成トラストでは全国各地のサラリーマンやOL、会社経営者、公務員など幅広い方々のマンション経営を支え、多くの方がマンションオーナーとなって家賃収入を得ています。

ワンルームマンション経営を成功に導く5ヶ条

空室率の低い物件

空室率とは、そのマンションで未入居となっている部屋が、全体の部屋数に対して占める割合を指します。長期的な不労所得をはじめ、節税効果や生命保険代わりなどマンション経営にはさまざまなメリットがありますが、それらは入居者がいるからこそ受けられるメリットです。見た目の豪華さや立地だけに惑わされず、空室率という明確な数字から収益が見込めるかどうか判断しましょう。

多様な需要が見込める都心部

「住みたい」という需要に対して「部屋」を供給することが、マンション経営の基本の考えです。そのため、その地域においてどのようなマンションが求められているのか、周辺のニーズをチェックすることが大切です。例えばベッドタウンであればファミリー向けマンション、学生街であればワンルームマンション、といったようにそのエリアの需要に合わせて物件を選ぶことで入居者を安定して確保することができます。

快適な生活を支える設備

インターネットや宅配ボックス、ホームセキュリティなど入居者に喜ばれる設備のほか、トレンドを抑えつつ使い勝手の良い間取りなど、使い勝手が良く、居住性も高く、快適な生活を送れる物件は安定して人気があります。結果、長期で住んでいただけて、退去した場合もすぐに入居者が決まりやすく、空室によるロスを防ぐことができます。

信頼できる賃貸管理会社

賃貸管理会社は、部屋の管理だけでなく、入居者のトラブルや集金など、入居者にとってもマンションオーナーにとっても重要な役目を果たしてくれます。信頼できる賃貸管理会社を選ぶ際は「業務内容に不足はないか」「管理費は相場とかけ離れていないか」「早急に対応してくれるか」「管理実績はどうか」などしっかりと見極めることが必要です。

利回りや経費の把握

マンション経営は立派なビジネスなので、実質的な利回りのほか、ローンの返済・修繕費・火災保険料・固定資産税など経費はどれくらいかかるのかなど、しっかりと収支プランを立てることが欠かせません。マンションの管理を自分ですれば毎月の費用は安く抑えられますが、管理の質が落ちて入居者が離れてしまうと、肝心の家賃収入が減ってしまうケースもあるため、注意が必要です。

新成トラストならマンション経営未経験者・初心者を徹底サポート

「不動産投資は富裕層が行うもの」と思われていたひと昔前と比べると、一般的な世帯収入の方でもマンションオーナーになるケースも増えてきており「本業と兼業しながら」というケースも珍しくありません。新成トラストは数多くのマンション経営未経験者・初心者をサポートしてきた実績もあり、自社ブランドマンション「スワンズマンション」なら高い入居率をほこり、長期で安定した家賃収入が見込めます。ワンルームマンション経営に関するご相談を随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.