スワンズマンション

新成トラストが教える「投資用マンションの選び方」

34 views

新成トラスト記事タイトルイメージ

入居率99.3%のスワンズマンションを開発する新成トラスト。高い入居率を誇るマンション開発のノウハウを活かして、関西では約40棟のマンションを開発してきました。そこで今回は、ディベロッパーとして成功している新成トラストが、投資用マンションの選び方について解説します。

投資用マンション選びの3つのポイント

賃貸ニーズが見込める立地

入居者がいなければ収入はゼロ。賃貸ニーズの有無はマンション選びにおいて、欠かせないポイントです。分かりやすい見分け方は、ビジネス街や大学が、周辺エリアや最寄り駅の沿線上、またはその沿線のターミナル駅付近に多く位置するかどうか。これらの「ビジネスゾーン」「キャンパスゾーン」は、ビジネスパーソンや学生などメインの単身者層からの賃貸ニーズが見込めるため、空室になりにくい傾向があります。

入居者が満足する設備

投資用マンションと居住用マンションは全く別物ですが、設備については入居者目線で選びましょう。オーナーが住みよいと感じる設備は、入居者にとっても快適な環境です。例えば、「Wi-Fi完備」「オートロックシステム」「断熱性・遮音性が高い」「浴室とトイレはセパレート」「浴室換気暖房乾燥機付き」「ウォシュレット付きトイレ」などを物件選びのチェック項目に入れてみてください。

オーナーへのサポート体制

初めて不動産投資を始める方が見落としがちなのが、管理会社のサポート体制。家賃収入に影響する入居者募集をはじめ、集金業務、契約更新、解約清算、入居者のトラブル対応などは管理会社に任せることになります。だからこそ、集客力があるのか、問題に対して迅速に対応してくれるのかをポイントに、充実した管理体制を持つ管理会社をパートナーにしましょう。

家賃収入の安定性は、「入居率」で決まる

先ほど紹介した3つのポイントを満たす物件は、入居者に選ばれ続けるため、高い入居率を維持できます。結果として、常に入居者がいる状態となり安定した家賃収入を得ることが可能です。そんななか、新成トラストは幅広いネットワークや緻密なマーケティングにより、賃貸ニーズが見込めるエリアにオリジナルブランドの『スワンズマンション』を開発しています。さらに、入居者目線のマンション開発を徹底して、アンケートで得た入居者の声やトレンドの設備を迅速に導入。オーナーへのサポート体制や集客力にも定評があります。

入居率99.3%のスワンズマンションがおすすめ、物件選びの相談は新成トラストまで

確かなノウハウで入居率99.3%のスワンズマンションを開発する新成トラスト。スワンズマンションが気になる方はもちろん、物件選びに悩んでいる方もお気軽にご相談にいらしてください。

カテゴリー:スワンズマンション

スワンズマンションの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.