不動産投資情報

初めてのマンション経営のススメ、ワンルームマンションのニーズとは

8 views

初めてのマンション経営のススメ、ワンルームマンションのニーズとは

数ある投資方法の中でも、初心者におすすめしたいのが「ワンルームマンション経営」。不動産投資を検討している方なら、一度は耳にしたことがあるかと思います。ただ、なぜワンルームマンションが人気なのかまで知っている人は少ないはず。そこで今回は、ワンルームマンションの歴史から人気の理由までご説明します。

新成トラストが解説。ワンルームマンションの歴史について

ワンルームマンションが誕生したのは1970年代。単身者が都心に住むというステータスを求めて人気を博しました。その後、バブルの波に乗り1980年代後半から1990年代前半にかけて投資対象として認識されるように。当時は、購入時と売却時の金額差により生じるキャピタルゲインを得る投資法が一般的でした。
一方で現在は、長期的に安定した家賃収入を得るインカムゲイン狙いの投資法が主流に。特に、ワンルームマンションは初期費用が抑えられるため、富裕層のみならず、20〜30代のサラリーマン、公務員、OL、看護師などにとって最適の投資対象です。さらに、マイナス金利政策により不動産投資ローンを受けやすくなった結果、これまで投資に興味を示さなかった層までワンルームマンション経営に流入してきました。

ワンルームマンションが人気の理由は?ポイントは低価格と入居者ニーズ

先ほどご紹介した通り、ワンルームマンションへの認識が広まると同時に、不動産投資の間口も広がってきました。では、「なぜ、ワンルームマンションが投資家にとって人気なのか」を解説していきます。

①新成トラストが解説。ワンルームマンションが人気の理由:不動産の中では価格が安い

ワンルームマンションは他の不動産と比べて物件価格が安価なため、初期費用が抑えられます。さらに、入居者からしても、広い間取りの部屋よりもワンルームの方が家賃を抑えられるという点もポイントです。入居者が物件を探す時も、同じく価格は大切な基準となるため、空室になりにくく安定した家賃収入が期待できます。

②新成トラストが解説。ワンルームマンションが人気の理由:入居者ニーズに即している

現在、「持ち家志向の低下」「高度外国人人材・留学生の増加」「単身赴任の増加」「外国人旅行者の増加」「お年寄りの都心回帰」「晩婚化」などの考え方や時代の流れが、単独世帯数の増加を後押ししています。このような方々の入居者ニーズを満たせるため、ワンルームマンション経営は人気なのです。

投資初心者には、全国にオーナーを抱えるワンルームマンションスワンズマンションがおすすめ

そんなワンルームマンションの中でも、投資初心者には入居率97%を誇る『スワンズマンション』がおすすめ。関西エリアを中心に、「最先端のデザイン」「好立地」「徹底した入居者目線」を特徴として展開しています。今では、関西だけでなく全国にオーナーがいるほどに人気の物件となりました。投資物件としての価値だけでなく、入居者にとっての価値も大切にしているため、高い入居率を実現し続けています。
「投資を始めたいものの、何に投資するか迷っている」。そんな方はワンルームマンションから始めましょう。気になることがあれば、新成トラストがいつでも相談に乗りますので、お気軽にご相談ください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.