不動産投資情報

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集5選-vol.4-

34 views

新成トラスト

長期的な資産運用には不動産投資がおすすめ。なかでも不動産投資のトレンドはワンルームマンション経営です。1人暮らしのニーズが高まる今の時代においてワンルームマンション経営を選ぶのは、もはや必然でしょう。そこで今回は、新成トラストが意外と理解されていないワンルームマンションの重要用語を解説します。

意外と理解できていないかも?ワンルームマンション経営の重要用語5選

1.マンション経営

長期的な資産運用に適しているマンション経営。マンションやアパートの1室または1棟を所有し、その部屋を賃貸で借りてもらうことで、家賃収入を得る投資方法です。「銀行預金の利息低下」「公的年金の減少」により退職金だけでは将来に不安を感じる方も多いはず。人生100年時代を生き抜くために、今すぐスタートできる安定的かつ効果的な資産運用として注目されています。

2.ワンルームマンション

一般的にワンルームマンションとは、1人暮らし向けの部屋が一定数以上あるマンションを意味しています。1部屋の構成は洋室・浴室・トイレ・キッチンなど。主にビジネスパーソンや学生が利用しています。部屋選びの意思決定を1人で行うため、ファミリータイプと比べて入居が決定しやすいです。さらに比較すると、「空室率が低く収入が安定しやすい」「リフォーム・維持費が安価」などのメリットもあります。

3.ファミリーマンション

ファミリーマンションとは、2人以上で住める家族用の部屋で構成されたマンションのこと。意思決定が2人以上のため、入居までに時間がかかるというデメリットがあります。特に夫婦においての意見の違いが出やすく、旦那さんがOKでも奥さんがNGというケースが多いです。キッチン周りの使い勝手や間取りの良さ、セキュリティ面など家族全員が納得しなければ入居は決まりません。

4.単身世帯

2人以上の一般世帯と対比される言葉で、1人暮らしの世帯を表しています。数年前から言われている高齢化が進行するにつれて、今後は高齢者の単身世帯が増加の可能性も。さらには晩婚・未婚・離婚などを背景に、単身世帯の数はさらに増えると予測されています。ワンルームマンションへのニーズはこれまで以上に高まっていくでしょう。

5.入居者

部屋に住んでいる人のことで、ワンルームマンション経営の収入に大きく左右します。安定した収入を得るためには、入居者が決まるだけではなく、入居者に住み続けてもらうことが必要です。だからこそ物件選びや賃貸管理・建物管理においても、すべては入居者目線で考えるべきでしょう。

新成トラストのワンルームマンションシリーズ「スワンズマンション」は入居率99.7%

資産運用においてワンルームマンション経営を選ぶのは賢い選択です。なかでも新成トラストのワンルームマンション『スワンズマンション』シリーズは入居率99.3%。より安定した収入を得るためにも入居率は重要な指標です。資産運用やワンルームマンション経営に少しでも興味がある方は、お気軽に新成トラストにご相談ください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.