新成トラスト , 新成トラストの資産運用

「ワンルームマンション経営とアパート経営の違い」を新成トラストが解説

19 views

「ワンルームマンション経営とアパート経営の違い」を新成トラストが解説

分譲マンションの1室から始める「ワンルームマンション経営」、基本的に建物1棟を取り扱う「アパート経営」。不動産投資をする上で、どちらを選べば良いか分からないという方も多いのではないでしょうか? 今回はワンルームマンション経営とアパート経営の特徴をそれぞれ紹介し、ご自身の投資目的に合わせてどちらを選ぶべきかを解説していきます。

ワンルームマンション経営(区分所有)は、投資額が少なく、初心者でも始めやすい。

不動産投資で近年注目を集めている「ワンルームマンション経営」。ワンルームマンション経営とは「1部屋を購入し、賃貸することで収入を得る」方法となります。アパート経営と比べても1棟を取り扱う訳でなく、投資額が少なく手軽に始められるため、サラリーマンや公務員など幅広い方々がオーナーとなり、長期で安定した家賃収入を得ています。
また、資金に余裕ができた時は複数戸を所有することもでき、空室リスクの分散や家賃収入の増加などにも期待できます。そのため「まずは不動産投資を小さく始めてみたい」という方に向いていると言えるでしょう。

ワンルームマンション経営の特徴の一例

・アパート経営と比べて、物件の取得金額が低いため始めやすい
・賃貸需要が見込める好立地にあるケースが多く、空室リスクが低い
・主要都市圏であれば家賃の下落スピードも緩やか
・修繕費用の規模が少ない
・中古マンションの需要も多く、売りたいタイミングで手放しやすい

アパート経営は、投資額が大きい分利回りが高いが、その分投資リスクも大きい。

基本的に1棟を丸々取り扱うアパート経営は、1室が主流のマンション経営に比べると、戸数が多いので収益性が高いというメリットがあります。一方で初期投資額や維持管理費用が高く、様々なリスクが発生しやすい点もあります。特にアパートの場合は、都心に比べると賃貸需要が少ないエリアに建てることが多いので、空室リスクが大きい点はデメリットと言える部分でしょう。
マンションと比べると売買の流動性も低く、一度購入するとなかなか手放しにくい分、アパート経営を始める前は入念な事前調査が必須。エリア選定や入居者のニーズを踏まえた設備など様々なことを考慮しなければならないため、なかなか不動産投資の初心者には難しいかもしれません。

アパート経営の特徴の一例

・初期費用が高いが、戸数が多いため高い利回りを狙うこともできる
・一度の減価償却額が大きい
・郊外に建てることが多く、空室リスクも発生しやすい
・売買の流動性が低いため、売却が決まるまでに時間がかかる
・修繕費用の規模が大きい

ワンルームマンション経営を始めるなら新成トラストへ

先行き不透明なご時世のなか、「収入が減少してしまう前に安定して得られる副収入を確保したい」と考える人も増えていることでしょう。その多くは不動産投資未経験者や初心者の方がほとんど。まずは「リスクの低さ」と「需要の高さ」を兼ね備えたワンルームマンション経営から不動産投資を始めてみませんか? 新成トラストが開発するスワンズマンションは、立地をはじめ、入居者目線を追求した設備により高い入居率を実現していますので、まずはお気軽にご相談ください。

新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.