新成トラスト

マンションオーナーに聞く、 「マンション経営を始めたキッカケ」は?

38 views

大阪で不動産投資なら新成トラスト

将来に向けた資産形成の手段として注目され始めている「マンション経営」。実際に新成トラストでも幅広い年齢層の方がマンションオーナーの道を歩み始めています。では一体、マンション経営を始めるにあたって、どのようなキッカケがあったのでしょうか? 今回はマンションオーナーのリアルな声をお届けします。

今、マンション経営を始める人が増加。背景には「将来への不安」があった。

バブル崩壊から30年が経った今も日本の景気は依然として回復の兆しが見えず、進む少子高齢化に加え、年金・医療などの保障も先行き不安なこのご時世。多くの人が漠然と将来に不安を抱えていながらも「何から始めればいいのかわからないから……」と、将来に備えることを後回しにしている人も多いのではないでしょうか?一方で、安心できる将来への投資として注目され始めているのが「マンション経営」なのです。

新成トラストで「マンション経営を始めたキッカケ」は?

(会社員:Aさん)リストラされずに働き続けられるか不安だった。

コロナ禍の今、業績不振で会社が倒産しまうケースも珍しくなく、「もしも自分の会社が……」という危機感を持ち始めたのがきっかけです。ワンルームマンション経営なら少額からスタートでき、負担が少ない点。新成トラストなら賃貸管理サポートが充実している点に、チャンスを感じてマンションオーナーになりました。

(会社員:Bさん)少子高齢化で、将来の年金で暮らせるか心配。

公的な年金だけで生活を送るのはもちろん厳しいとは思っていましたが、少子高齢化が加速するなか「年金自体、本当にもらえるのか」という不安がどんどん大きくなってきたんです。若い間に将来の資産形成をしておかなければと思い、会社で働きながら両立ができるマンション経営に興味を持ち始めました。

(経営者:Cさん)子供たちの将来が少しでも多くの財産を残したかった。

子供たちがリタイアする頃には年金もあまり期待できない時代になっていることでしょう。大切な子供たちの将来を考えたときに「自分が何を残してあげられるのか」ということを考えた時、ワンルームマンションなら副収入で生活の支えにもなりますし、年金代わりとして持っておくと子供たちも安心できると感じ、マンション経営を始めました。

(経営者:Dさん)突然の病気や事故など「もしも」が起きた場合に。

「家族に資産を引き継げる」という点に魅力を感じ、マンション経営を始めました。団体信用保険に加入していれば、万が一高度障害となったり死亡してしまった時はローンの返済義務もなく、家族に負担がかからない点が安心でしたね。マンションを賃貸として貸出しして、毎月家賃収入を永続的に得ることもできるほか、一括で売却し生命保険同様まとまった資金を得ることもできます。健康な間にマンション経営を始めておくことは、将来の備えにおける一つの安心材料となっています。

マンション経営を始めるなら、新成トラストまで

以上のようなさまざまな背景により将来への不安が高まる中、将来の資産形成を視野に多くの方がマンション投資に注目しています。これまで多くの方のマンション経営をサポートしてきた新成トラストでは、マンション投資・資産活用の相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

カテゴリー:新成トラスト

新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.