不動産投資情報

マンション投資を始める前に不動産投資の種類とその違いを知ろう

37 views

新成トラストのマンション投資イメージ

不動産投資と聞いて、まずあなたがイメージするものは何でしょうか?一口に不動産投資と言っても、アパートやマンションへ投資する定番のものから、土地の購入による駐車場経営、一戸建ての賃貸投資など種類は様々。不動産流通事業に携わる新成トラストがそれぞれの特徴をご説明します。

新成トラスト

REIT【初心者向け】

「Real-Estate Investment Trust」の略で、リートと読みます。不動産投資信託・証券化不動産投資を指します。REITの場合は投資信託の一種のため、直接的に不動産を購入せず、不動産投資信託を介して不動産会社の銘柄を購入し、その企業が行った投資の運用実績によって分配金を得ます。購入価格は不動産を購入するよりも低くなるため、初心者でも始めやすいというメリットがありますが、実際に物件を所有するという面白みをあまり感じられない面もあります。

ワンルームマンション投資【初心者向け】

マンションやアパートの一室を購入し、賃貸経営を行うことで利益を得るというもの。ワンルームと言っても、1Rと小さい部屋から2LDKなどファミリー向けの大きい間取りも
これに当てはまります。初心者に限らず一番人気の高い投資先となっており、ワンルームマンションの購入が本格的な不動産投資の第一歩と言えるでしょう。ただし、新築や中古、都心や郊外の違いを知り、投資先を見極めることが大切です。

戸建て賃貸経営【中級者向け】

一戸建てを購入して賃貸経営を行う投資方法です。戸建ての場合はエリアにより需要があり、一度入居者が決まれば長く借りてもらえることもあるため、長期的に高い家賃収入を得られるメリットがあります。ただし、ワンルームマンションと比べスタート時にまとまった資金が必要となり、新築住宅を建築する場合、建築している期間は全く収入が発生しないため、資産運用の効率が悪くなってしまいます。

駐車場経営【中級者向け】

土地を生かしてコインパーキングや月極駐車場などを運営し、利益を得る投資方法です。特に市街地や人が多く集まるような場所では需要が高く、安定した収入を得られるでしょう。しかし、元々土地を持っている人は始めやすい一方で、近年は土地活用が進み、駐車場に適した土地を探すのが年々難しくなってきている面もあります。

アパート・マンション経営(一棟)【上級者向け】

アパートやマンションまるごと一棟を購入して、住居者全員から賃貸収入を得る投資方法です。購入価格も値が張り、ある程度安定した資金のある方でなければ、金融機関から融資が下りにくく、ほとんどの場合はローンが必要になってきます。家賃収入が多くなる分、上手く経営できれば長期的に大きな利益を得られますが、逆に空室が目立つと大きくマイナスとなってしまうため、ハイリスクハイリターンの投資と言えるでしょう。

「初心者でも始めやすいワンルームから」という選択をする人が多い

ワンルームから始めるマンション経営は、少ない資金で手軽にスタートできる上、賃貸管理や建物管理の面でもサポートが充実しているため、初心者でも手軽に始められるのがポイントです。先ほどお伝えしたように、新築や中古、都心や郊外の違いを知り、空室の少ないマンションを選択することが鍵を握ります。その点、新成トラストのスワンズマンションは入居率97%と高く、長期的な家賃収入を見込める上、マンション経営に必要な全ての専門業務を代行し、きめ細かいサポートもついています。老後や副業の一環で不動産経営を考えられている方は、資産形成の第一歩として検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事