不動産ニュース , 不動産投資情報

ワンルームマンション経営はなぜローリスクロングリターン?

17 views

ワンルームマンション経営は なぜローリスク・ロングリターン?

近年、将来の人生をより豊かにする手段として多くの人から注目を集めている「ワンルームマンション経営」。戸建て住宅やアパート、駐車場・駐輪場経営、トランクルームなど数ある不動産投資の中でも、なぜワンルームマンション経営がオススメなのか。今回は「ローリスク・ロングリターン」というワンルームマンション経営の特徴をご紹介します。

なぜ今、ワンルームマンション経営? その特徴とは?

将来の人生設計のために不動産投資に注目が集まる昨今、「不動産投資を始めてみたいけど、種類があって迷う」「投資先をどう選べばいいのか分からない」といった悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?不動産投資は種類が豊富なため、最初のうちは自分に合った運用がなかなかわからないもの。そこでまず、不動産投資初心者にオススメしているのが「ローリスク・ロングリターン」の手堅いワンルームマンション経営です。
ワンルームマンション経営では、入居者がいる限り長期間にわたって「家賃収入」という安定した利益(インカムゲイン)が狙えます。家賃収入でローンを完済すれば、その後の家賃はそのまま収入となるため、長い目で見ると「ローリスク•ロングリターンの資産運用」と言えるのです。

なぜワンルームマンション経営は「ローリスク」の資産運用なの?

では、なぜワンルームマンション経営は「ローリスク」と言えるのでしょうか。ワンルームマンション経営の場合は、マンション1部屋に投資をするため、戸建て住宅やアパート1棟などと比べても比較的少額から始められることに大きなメリットがあります。
また、管理面の手軽さも特徴のひとつです。アパート1棟など入居者がたくさんいる不動産の場合、会社員や経営者の方が本業と物件の管理を両立するには負担がかかりますが、ワンルームマンション経営なら物件の状況を把握しやすいため、手軽に運用することが可能です。

なぜワンルームマンション経営は「ロングリターン」が狙えるの?

短期的に巨額のリターンには期待できないものの、安心して長期で運用できるのがワンルームマンション経営の魅力のひとつ。現在は未婚化、晩婚化が進んでおり、戸建てよりもマンションの需要が依然として高い傾向にあります。また現在ではSOHOやマンスリーマンション、企業の借り上げ社宅など需要の幅に広がりをみせており、今後も長い需要が見込めるでしょう。
ロングリターンの特徴を持つワンルームマンション経営ですが、全く懸念がないわけではありません。空き室だと安定して収益が得られないため、入居率が高いマンションを選ぶことが重要です。新成トラストで分譲する物件は賃貸需要の高い立地を厳選。常に高い入居率を維持し、マンションオーナー様にも満足いただいています。

ワンルームマンションを始めるなら新成トラストまで

「リスクの低さ」と「需要の高さ」を兼ね備えたワンルームマンション経営ですが、投資の成功には信頼できるパートナーの存在も欠かせません。新成トラストでは「資産運用型マンション開発+賃貸経営サポートシステム」で数多くの不動産投資初心者をサポートしてきた実績があります。マンション経営に必要な全ての専門業務を代行し、きめ細かくサポートしておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

不動産ニュース | 不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.