不動産投資情報

新成トラストが解説。都会と地方の投資用不動産はどっちがおすすめ?

27 views

新成トラスト

「都会の物件か地方の物件どちらを買うべきなのか」。これから不動産投資を始める方からよく受ける相談です。どちらにもメリットがあるため、今後の不動産市場に着目して決めるべきです。そこで今回は、都会・地方の投資用不動産を比較しながら、どちらを買うべきか検討していきましょう。

都会の投資用不動産のメリット

空室リスクが低い

都会にはオフィスビルや大学が多いことから、進学・就職で拠点を移す単身世帯が常に一定数見込まれます。また、昨今は若者やビジネスパーソン以外にも、高齢者が便利な生活を求めて郊外から引っ越してくるパターンも。単身世帯が多いことから、都会ではワンルームマンションが人気です。賃貸需要が多く空室リスクが低い点が、都会の不動産投資のメリットといえるでしょう。

資産価値が下がりにくい

都会の投資用不動産は、賃貸需要が高く人気エリアであるため、資産価値が下がりにくいメリットも。さらに、空室率も下がりにくいため、家賃の下落率も低いといえます。今後の少子化高齢化や人口減少問題などを踏まえても、都会への人口流入が推測できるため、将来的にも安定した資産価値が見込めるはずです。

融資を受けやすい

上記のように、空室リスクが低く資産価値が下がりにくい都会の投資用不動産。銀行からすると、都会の物件は貸し倒れのリスクが低いため、地方の物件に比べても融資しやすいといえます。また、物件の流動性も高いため、いざとなった時には売却もしやすいです。

地方の投資用不動産のメリット

物件価格が安い

地方の投資用不動産は土地付きの物件を含めて、価格が低い点が特徴です。物件購入価格が低く済めば、投資にかかるお金は圧倒的に少なく済みます。ただ、都会と比べてローンが組みにくかったり、条件が悪かったりすることもあるので、自己資金で不動産投資できない人には向いていないかもしれません。

利回りが高い

物件価格が低いため、自然と利回りも高くなるのが地方の投資用不動産のメリット。なかには、利回り10%以上の優良物件が見つかることもあります。しかし、不動産経営に不慣れなオーナー様にとっては、物件のメンテナンスや管理を行うのが大変な場合も。
優良物件を見分けるための十分な知識が必要となってくるでしょう。

競合が少ない

都会は賃貸ニーズが多く、物件数も多く競合する物件が出てきますが、地方はその逆。物件数が少ないため、入居者の奪い合いになりにくいです。家賃の価格競争に巻き込まれる心配がないため、入居者がいれば十分なキャッシュフローを得られます。

将来性があるのは都会の投資用不動産、相談は新成トラストまで

このように、都会・地方の物件はどちらにも異なるメリットがあります。ただ、今後は人も企業も都心回帰の傾向にあるため、これから初める方は、入居者のつきやすい都会の物件から検討された方がリスクは低いでしょう。地方の場合は、生活環境や利便性も低く、環境が変わると入居者が離れる可能性も充分にあります。都会・地方の不動産市場や物件選びの相談は新成トラストにお任せください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.