スワンズマンション , 新成トラスト

新成トラストが解説。マンション経営の「一棟経営」と「区分経営」、初心者・未経験者におすすめはどっち?

41 views

新成トラストが解説。マンション経営の「一棟経営」と「区分経営」、初心者・未経験者におすすめはどっち?

将来に向けた資産形成の手段として不動産投資が注目されている昨今、貴重性の高い都心部における資産運用型マンションを開発している新成トラスト。昨今は将来への資産形成のために本業と並行しながらマンション経営を始める方も多く、全国的にも続々とマンションオーナーが誕生しています。そこで今回は「どっちを選べばいいの?」という質問が多い、「一棟経営」と「区分経営」の違いについて紹介していきます。

マンション経営における「一棟経営」と「区分経営」の違いは?

マンション経営の種類には大きく分けて「一棟経営」と「区分経営」があります。一棟経営とは土地・建物を丸ごと取得して賃貸する方法であり、区分経営は分譲マンションと同様に一戸ずつ取得して各部屋を賃貸する方法です。ご自身の目的に合わせた理想のマンション経営を実現するためには、まずはそれぞれの特徴を理解することが欠かせません。それぞれ2つの経営方法は下記のような特徴があります。

一棟経営の特徴
1:部屋数が多いため、多くの家賃収入を得られる
2:多額の費用がかかり、修繕費も高くなりやすい
3:知識が必要となり、初心者にはハードルが高い

区分経営の特徴
1:経営に必要な投資金額が少ない
2:リスクの分散がしやすい
3:管理の手間がかからず、本業と並行しやすい

なぜ初心者は区分経営のワンルームマンション経営がおすすめ?

マンション経営未経験者・初心者でも始めやすいとされる「ワンルームマンション経営」には、どのような特徴があるのでしょうか。

特徴1:元手資金が少なくても始められる
ワンルームマンション経営は物件自体の取得金額が低いため、投資未経験者・初心者をはじめ、サラリーマンの副業としても人気があります。また、修繕費用の規模も小さいため運用もしやすく長期的に安定した経営が見込めます。

特徴2:賃貸需要が高く安定した家賃収入を得られる
新成トラストが展開する「スワンズマンション」は人口が集中し、オフィスや商業・文化施設も多い大都市圏など賃貸需要の高いエリアにあるため、安定したマンション経営ができると人気を集めています。

特徴3:ライフプランに柔軟に対応できる流動性
流動性とは「換金のしやすさ」のことを指します。不動産の中でも戸建住宅や土地と比べた時に、マンション1室の場合は比較的少額で入居者需要も途絶えにくいため、売り出してから買い手が決まるまでの期間も短く、早めに現金化しやすい点がメリットに挙げられます。

マンション経営の最初の一歩は新成トラストから

一般的な世帯収入の方でもマンションオーナーになるケースも増え、「第2の収入源」のほか「生命保険代わりに」「年金対策に」「子への相続」などさまざまな目的で運用されています。これまで多くの方のマンション経営をサポートしてきた新成トラストでは、マンション投資・資産活用の相談を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

スワンズマンション | 新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.