不動産投資情報

新成トラストが教えるワンルームマンション経営の重要用語集【7選】

6 views

新成トラスト

近年の不動産投資のトレンドともいえるワンルームマンション経営。「初期費用が少ない」「安定した家賃収入が得られる」「将来の見通しが立てやすい」といったメリットから、老後のための資産運用に適した投資法です。そこで今回は、新成トラストがワンルームマンション経営の重要用語をご紹介します。

ワンルームマンション経営の重要キーワード7選

少額資金

ワンルームマンション経営のために、投資用不動産を購入するときにはローンを組むことが可能です。小額の資金でスタートできて、安定した家賃収入を得られるため、高いレバレッジ効果が期待できます。さらに、家賃収入をローンの支払いに充てることで、月々の負担も限りなくゼロに。ワンルームマンション経営は、すぐに始められる有効な資産形成術です。

私的年金

急速に進む少子高齢化によって、公的年金だけに頼っていては老後が不安な今の時代。ワンルームマンション経営なら、長期的かつ安定的な家賃収入を見込めるため、家計を圧迫することなく将来の収入源を確保できます。公的年金と貯蓄だけでは不安な退職後の私的年金となり、セカンドライフにゆとりをもたらすでしょう。

実物資産

インフレに向かう現在の日本においては、現金の価値は下がり実質的な資産は目減りする一方。実物資産である投資用不動産は、インフレや金利の変動など経済環境の変化に左右されにくいです。金融資産と比較して、リスクの少ない資産運用であり、長期にわたり物価の変動に合った家賃収入が得られます。

節税対策

確定申告において、建物の減価償却費やローンの利息、管理費などワンルームマンション経営にかかるお金は必要経費として認められます。給与所得と不動産所得の損益通算によって課税所得は減少するため、確定申告時に「所得税の還付」や「住民税の減額」など節税効果を得ることが可能です。

相続税対策

相続税を計算するとき、金融資産は“時価”で課税されます。一方で、マンションの場合は“評価額”に対して課税され、実際の価格よりも低く見積もられるため、現金をマンションに換えることは相続税対策として有効です。

生命保険・医療保険

物件購入時に住宅ローンを利用すると、「団体信用生命保険」に加入することになります。オーナー様の身になにかあっても、この生命保険で住宅ローンは償還可能です。また、マンションの所有権と家賃収入はご家族に譲渡することができます。

ローリスク・ミドルリターン

小額の資金でスタートできて、安定した家賃収入を含めさまざまなメリットが得られるワンルームマンション経営。まさにローリスク・ミドルリターンの投資法といえるので、投資初心者の方も気軽に取り組むことができます。

新成トラストのスワンズマンションがおすすめ

ワンルームマンション経営をするなら、入居率99.7%を誇る新成トラストのスワンズマンションがおすすめ。安定した家賃収入はもちろん、万全のサポート体制を用意しています。気になる方は、お気軽にご相談にいらしてください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.