不動産投資情報 , 新成トラスト

マンション経営のよくある疑問・相談って? 新成トラストがお答えします

11 views

不動産投資なら新成トラスト

マンション経営に興味を持ちはじめると色んな疑問が次々と湧いてくるでしょう。これまで多くのマンションオーナーの誕生に立ち会い、サポートしてきた新成トラストが、皆様から多く寄せられる質問にお答えしていきます。

昨今、不動産投資未経験者が続々とマンションオーナーへ

第二の収入の柱として投資への関心が高まる昨今、安定した収入が見込めるマンション経営が脚光を浴び、現在は職業を問わず幅広い方々がマンションオーナーとしての一歩を踏み出しています。
とは言え、「どのような物件を選ぶと良い?」「確定申告はどうするの?」「そもそもマンションオーナーになっている人はどんな人?」など、マンション経営の経験がない方にとっては分からないことばかりではないでしょうか?
今回は、実際にあった質問にお答えしていきますので、ぜひマンション経営の参考にしてみてください。

【FAQ】マンション経営未経験者の質問に、新成トラストが回答します

Q:マンションオーナーになる人は、どのような方なのでしょうか?
A:本業とは別にマンション経営をされている、会社員・公務員・経営者など様々な人がマンションオーナーになっています。

不動産投資に対する敷居が低くなってきた昨今、経営者や医者などの高収入の方だけでなく、一般的な収入を得ている会社員や公務員もマンションを購入・運用し、副収入を得ています。オーナーとなる方は20代半ばから50代と年齢層も幅広く、「老後の私的年金に」「生命保険代わりに」など堅実的な目的で資産運用されるケースが多く、家賃収入をローン返済に充てながら、しっかりと将来を見据えてマンション経営を行っています。

Q:マンション経営をはじめる上で、どのような物件がオススメですか?
A:大阪の地価が上昇。特に「都心部・駅近・高品質」のマンションが注目されています。

2025年の万博誘致のほか、国家戦略特区プロジェクトや「うめきた」再開発、夢洲の総合型リゾート構想など、更なる経済発展が見込める大阪。今後は安定した地価上昇が見込め、不動産投資の注目エリアとして知られています。
特に「都心部・駅近・高品質」のマンションの場合は、入居者の需要が長く続くと考えられるため、長期的に安定した副収入を得られるでしょう。

Q:空室リスクは大丈夫なのでしょうか?
A:空室にならない対策が必須。でも、オーナー1人ではなかなか手が回らないことも。

安定した収入を得るために、空室を避けることは欠かせません。しかしながら、マンションオーナーの仕事は入居者募集、集金、クレーム対応などさまざまあり、なかなか手が回らないことも…。
そこで新成トラストではマンション経営に必要な全ての専門業務を代行しており、マンションオーナー様の負担を軽減する取り組みを行なっています。おかげさまで当社が管理するマンションは高い入居率を誇り、全国のマンションオーナー様から喜びの声をいただいております。

Q:賃貸契約や確定申告など書類の製作について詳しくないのですが大丈夫ですか?
A:当社なら丁寧にアドバイスし、フォローさせていただきます。

入居者の審査や賃貸借契約は当社が代行し、きめ細かくサポートさせていただいております。賃貸借契約については、トラブル回避のために市場の動向や事例を基に常に改良を加え、顧問弁護士によるリーガルチェックを受けています。
サポートが必要な場合は、提携している経験豊富な税理士をご紹介することも可能です。

マンション経営を始めるなら新成トラストまでご相談ください

株やFXなどの投資と比べて景気の影響を受けにくく、長期的に見ても比較的リスクが低いとされる「マンション経営」。今回ご紹介したQ&A以外にも、お客様から寄せられる様々な疑問にお答えしております。ぜひ参考にしていただき、マンション経営の第一歩を新成トラストから踏み出してみてはいかがでしょうか?

不動産投資情報 | 新成トラストの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.