スワンズマンション

新成トラストが各世代のマンションオーナーの声をご紹介

9 views

新成トラスト

新成トラストが開発する入居率99.7%の投資用ワンルームマンション『スワンズマンション』を購入したオーナー様にインタンビュー。マンション経営を始めた理由や購入後の感想についてお聞きしました。不動産投資はもちろん、特にワンルームマンション経営を検討している方は必見です。

20〜60代のマンションオーナーの声をご紹介

A様(20代・男性・公務員

投資目的:長期的な資産形成のために
資産運用が必要な時代、“何か始めないといけない”と焦っている日々。ただ、まさか20代の自分が不動産投資を始められるなんて思ってもみませんでした。不動産投資は収益額の変動が小さく、将来のプランが立てやすいため、他の投資商材と比べても長期的な資産運用に向いています。それに、手元のお金が少ない20代でも、ローンを利用することで初期費用が少額に抑えられる点も魅力です。

M様(30代・女性・看護師)

投資目的:老後の年金対策として
『2000万円問題』で明らかになった、“年金は自分で作りましょう”という国からのメッセージ。漠然とした不安を感じているなかで、老後の私的年金を作ろうと考えるようになりました。そこで出会ったのが、ローリスク・ミドルリターンのワンルームマンション経営。月々のローンの負担も少なく、節税対策もできています。ローン返済後は、長期的に安定した家賃収入を得られるため不安が消えました。

T様(40代・男性・大手メーカー

投資目的:生命保険の代わりとして
生命保険を検討している時期に、マンションが保険の代わりになると知りました。住宅ローンを利用することで、「団体信用生命保険」へ加入しています。従来の生命保険よりもコストを抑えることも可能で、家賃収入も入ってくるためとても安心です。

W様(50代・男性・医師)

投資目的:インフレに備えるために
今の日本は、インフレにより現金の価値が下がる一方。1000万円の貯金をしていても、将来は500万円の価値になっているかも知れません。そこで、インフレなど経済環境に左右されにくい不動産投資を検討するように。なかでも、いざとなれば売却できるよう流動性の高いワンルームマンションを購入しました。

U様(60代・夫婦)

投資目的:相続税対策のために
マンションは評価額に対して課税されると知り、購入に至りました。物件購入価格を現金で持っているより、税額が抑えられるので、相続税対策に有効です。購入した物件に住むことも、誰かに貸すこともできるので、ワンルームマンションの使い勝手の良さにも魅力を感じています。

年代別の不動産投資のご相談は新成トラストまで

人生では、誰しもがさまざまなライフイベントに直面します。結婚資金や出産費用、子どもの教育費、親の介護費、マイホーム購入など、必要なお金を資産運用により準備しておきましょう。全国の幅広い年齢層のオーナー様と取引のある新成トラストなら、年代別の悩みに応えられるので、いつでもご相談ください。

カテゴリー:スワンズマンション

スワンズマンションの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.