新成トラストの資産運用

資産形成が必要な時代。新成トラストがあなたに適した投資法を紹介

7 views

資産形成が必要な時代。新成トラストがあなたに適した投資法を紹介

「自分も投資を始めてみようかな」と漠然と思っている方へ。残念ながら、一口に投資とまとめている間は、いつまで経っても実行できないままでしょう。では、どうすれば投資を始めることができるのか?今回はその疑問に答えるべく、不動産投資や株式投資など様々な投資法について解説したうえで、あなたに適した投資法をご紹介します。

リスク・リターンと投資期間の観点から投資法を比較

ハイリスク・ハイリターンの株式投資

株価が上がったタイミングで売却して、値上がり益を狙う投資法。短期的に大きな利益を得られる可能性もありますが、その逆も然りです。基本的に元本保証はなく、会社が倒産した場合にはリターンがゼロになるリスクも。変化が予測しづらいうえ、こまめな株価のチェックに時間もかかるので、長期的な資産形成には不向きだといえます。

新たなバブルを生み出した仮想通貨

投資の神様ウォーレン・バフェットは「本当にバブルのようだ」と仮想通貨にコメントしています。ブームに便乗した人が急増して、一時的にビットコインは200万円を記録しましたが、その後、40万円にまで落ち込むことも。相場変動が非常に大きくハイリスクなので、初心者はお勧めできません。

知っているようで知らないFX

株式投資と同じく、短期的な利益を狙う投資法。外国為替の売買を通じて利益を生み出す方法です。特徴は手元に資金がなくても利益率を高められる、いわゆるレバレッジを効かせられること。レバレッジを利用すれば、最大で投資資金の25倍の取引が可能になります。利益額を増やせますが、同時に損失額も増えるので注意しましょう。

手間をかけずに安定した収益が得られる不動産投資

定期的かつ安定的に家賃収入が得られる不動産投資は、ローリスク・ミドルリターンの投資法。他の商材と比較して、収益額の変動リスクも小さく資産形成の計画が立てやすいのもポイントです。一般的にローンを組んで購入するため、小額の初期費用で運用可能。将来の不労所得や年金対策はもちろん、生命保険や節税対策としての役割も果たします。

資産形成はなぜ必要?目的に沿った投資法の選択を

話題の「2000年問題」で取り上げられた通り、多くの人が老後の生活を送るための資金が不足すると予想されています。さらに、現在の日本は国策によりインフレに向かいつつあるため、現金の価値は下がる一方。銀行への預貯金、すなわちあなたの資産は目減りしていきます。現在と未来の暮らしに安心するためにも、長期的な資産形成が必要です。

長期的な資産形成は不動産投資のプロ、新成トラストにお任せ

将来の見通しが立てやすく、ローリスク・ミドルリターンの不動産投資は、長期的な資産形成に適しています。なかでも、関西で知名度が高く、97%という圧倒的な入居率の高さ誇る、ワンルームマンションシリーズ「スワンズマンション」がおすすめ。この人気シリーズを自社開発している新成トラストなら、あなたに適した資産形成の方法を一緒にお探しします。まずはお気軽にご相談ください。

新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.