不動産投資情報 , 新成トラスト , 新成トラストの資産運用

新成トラストが解説する ワンルームマンション経営の特徴とメリット

44 views

新成トラストが解説する ワンルームマンション経営の特徴とメリット

「第2の収入の柱として」「老後の備えとして」「リスク分散のために」など、昨今は様々な目的でワンルームマンション経営を始める人が増えています。今回はワンルームマンション経営に関するそもそもの仕組みから、ワンルームマンション経営のメリットをご紹介していきます。

そもそもワンルームマンション経営って何をするの?

ワンルームマンション経営とは、マンション1室を購入・所有し、第三者に賃貸することによって収益(家賃収入)を得ることです。多くの方が住宅ローンを活用してマンション経営を始められますが、月々のローン返済は家賃収入でカバーするケースが多く、ローンを完済すればマンションが資産となり、その後は家賃収入のほとんどが利益となります。近年は単身世帯数の増加などが見込まれており、ワンルームマンション経営は手堅く始めやすい投資先として注目を集めています。

ワンルームマンション経営のメリット3選

ワンルームマンションのメリット1:少額資金でも資産形成が可能

「ローリスク・ロングリターン」であるマンション経営は、少額の資金からスタートでき、長期的にリターンが得られやすい点が特徴です。家賃収入自体をローンの支払いにあてることができるため、月々の負担も抑えられ、少ない自己資金から資産形成をはじめることができます。また、ワンルームマンションを複数所有することで収入源を増やすと同時に、空室をはじめとしたリスクを分散する効果もあります。

ワンルームマンションのメリット2:マンション経営は節税対策になる

投資用のワンルームマンションを購入することで、購入時の費用を減価償却や経費として計上でき、物件の購入を理由に所得税や住民税などを節税できます。また、相続税を計算する場合、株や現金などの金融資産は時価で課税されますが、マンションの場合は評価額に対して課税されるため、実際の価格よりも安くなり相続税対策として有効です。

ワンルームマンションのメリット3:ライフプランに柔軟に対応できる流動性

事情により現金が必要になった場合に、換金しやすいのもワンルームマンションの特徴です。不動産の中でも戸建住宅や土地と比べた時に、マンション1室の場合は比較的少額で入居者需要も途絶えにくいため、売り出してから買い手が決まるまでの期間も短く、早めに現金化しやすい点がメリットに挙げられます。

新成トラストなら賃貸管理を全て任せられる

新成トラストでは充実の「賃貸経営サポートシステム」で、入居者募集から審査・賃貸契約、集金など多岐に渡る専門業務を代行しています。きめ細かな賃貸管理サポートが支持され、年々多くの方が安心してマンションオーナーへの第一歩を踏み出されています。「何から始めれば良いのか分からない」という全くのマンション経営初心者の方でも、まずはぜひお気軽にご相談ください。

不動産投資情報 | 新成トラスト | 新成トラストの資産運用の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.