不動産投資情報

新成トラストが解説、不動産投資のパートナー探し

34 views

新成トラストが不動産投資のパートナー探しについて記事にしました。

新成トラストが解説、不動産投資のパートナー探し

不動産投資は物件を購入して終わりではありません。入居者募集をはじめオーナー様の仕事は多岐に渡ります。ポイントはその業務を「どの不動産会社に委託するのか」ということ。そこで今回は、不動産投資を成功に導いてくれるパートナーの探し方について解説します。

不動産投資のオーナーがやるべき5つの仕事とは?

入居者募集

不動産投資の主な収入源は、入居者からの家賃収入です。そのため、オーナー様は保有する投資用不動産に空室が出ないように入居者を募集しなければいけません。また、入居の申込みを頂いてから、賃貸借契約締結などの様々な作業が発生します。

建物のメンテナンス

物件の品質を維持することもオーナー様の大切な仕事です。入居者に住みよい環境を提供することで、長く住んでもらえれば安定した収入を得ることができます。そのためにも、定期点検や公共スペースの清掃など細かいケアは欠かせません。

集金業務

家賃滞納の問題は死活問題です。家賃収入を確保するために、期日までに支払いがなければ催促が必要な場面も。口座振替手続きや提携先賃料保証会社への加入など対策も考えなければなりません。

解約業務

解約に関する書類のやり取りに加えて、重要なのは退去立会。住宅の状態に合わせて、原状回復のための負担金の話合いを行い、敷金の精算を行わなければなりません。また、次の入居者をスムーズに見つけるために原状回復工事の手配も必要となってきます。

トラブル対応

鍵の紛失、隣家との騒音トラブル、水漏れなど、予想外の雑務も次々と発生します。昼夜問わず、トラブルに対応するのは現実的ではありません。

オーナーの仕事はしっかりとした管理を行う「集客力」のある不動産会社に任せよう

そこで多くの不動産会社は、不動産投資におけるオーナー様の業務代行を実施。本業を持つサラリーマンや公務員の方でも、本業に集中しながら、自動的に家賃収入を得ることができます。パートナーとなる不動産会社を選ぶときには、「しっかりとした管理を行い、更に集客力の高い」会社を選びましょう。集客力の高さは、安定した家賃収入に不可欠な要素です。新成トラストでは入居率を高く維持できるように、「多数の協力仲介業者様との独自のネットワーク」「提携企業への社宅利用提案」「多角的な事業展開によるノウハウ」を駆使して、オーナー様の安定した収入を確保しています。

新成トラストは不動産投資をトータルサポート

業務代行の範囲は会社により異なります。新成トラストでは購入前から購入後まで不動産投資をトータルサポートしています。不動産投資に興味がある方は、お気軽に相談にいらしてください。

カテゴリー:不動産投資情報

不動産投資情報の最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.