不動産ニュース

新成トラストが教える不動産投資の重要用語集7選-vol.2-

15 views

新成トラスト記事イメージ

安定した家賃収入が得られる不動産投資は、今後における個人の資産形成術として脚光を浴びています。そこで今回は、投資や不動産投資、資産形成を検討している方に向けて、不動産投資市場に関する重要用語【7選】をご紹介します。

不動産投資市場の重要キーワード7選をご紹介

2000万円問題

金融庁が発表した「高齢無職世帯がゆとりある暮らしを送るためには、約2000万円が不足する」という内容です。今後のインフレにより円の価値が下がれば、その不足額は今以上に膨れ上がると予想されています。

インフレ

インフレとは、物価が継続的に上昇する状態で、通貨の価値が下がること。今の日本は円安によりインフレに向かっています。個人に置き換えると、1000万円の貯金が将来的に500万円の価値にしかならないという可能性も。

デフレ

インフレとは逆で、デフレとは物価が継続的に下落する状態で、通貨の価値が上がります。例えば、りんご1個の価格が現在100円だとすれば、将来的にインフレでは200円に、デフレでは50円になる可能性があるということです。

金融緩和

2013年に行われた日銀の金融緩和。お金の供給量を増やすことで、円の価値を下げ、インフレの状態に導くための政策です。このようにお金の価値が下がり続けているいま、収入が横ばいのままでは実質的な資産は目減りしています。

私的年金

2000万円問題や金融緩和から読み取れることは、「今後の年金は自分でつくりましょう」という国からのメッセージ。将来に備えた資産形成によって、個人で私的年金を生み出す必要があります。

税金対策

ワンルームマンション経営をはじめとした不動産投資にかかる費用は、必要経費として認められます。確定申告により所得税の還付や住民税の減額につながるため、会社員の方にとっても有効な税金対策です。

ワンルームマンション経営

自らの力で資産形成が必要になった今の時代。ローリスク・ミドルリターンで、将来の見通しが立てやすいワンルームマンション経営が人気です。「投資や資産形成に興味はあるけど、何から始めればいいか分からない」そんな方がまず初めに検討すべき投資法といえるでしょう。

資産形成・不動産投資を検討している方は新成トラストにご相談を

資産形成の必要性を理解して、投資を始めようとしている方は不動産投資を検討してみてください。なかでも、新成トラストが開発する高級ブランドマンションシリーズ『スワンズマンション』は入居率99.7%で安定した資産形成が可能です。気になる方はお気軽にご相談にいらしてください。

カテゴリー:不動産ニュース

不動産ニュースの最新記事

© SINSEI TRUST Co., Ltd. All Rights Reserved.